FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

別れと出会いの「3か条」

Posted by yoshi on   0 

 2019年も先日スタートしたばかりと思っていたら、アッと言う間に3ヶ月経過し、明日から4月がスタートします。4月と言えば、多くの企業で新入社員を迎え入れるだけではなく、多くの「異動」が発令される時期でもあります。海外駐在員は任期が3から5年とただでさえ短く設定されていることも多く、この4月は「別れと出会い」が本当に多い時期となります。

 私の海外駐在経験は、シンガポール⇒ベトナム⇒シンガポール⇒タイ となっており、それなりに多くの「別れと出会い」を経験してきました。そんな多くの経験を通じた中で、自分なりの「別れと出会いの3か条」を設定していますので、以下に明記したいと思います。

第1条:つながりを維持する
 せっかく海外で知り合いになり、共に苦労や悩みを相談した仲であればあるほど本当に「別れ」は辛いものです。「今生の別れ」のような錯覚を持つケースもありますが、今は時代が異なります。FacebookやInstagram、それからLINEなどでも容易につながりを維持することが可能です。ただ、これは意識しないとできない事でもありますし、「Face to Faceでないと本当のつながりとは言えない」と固辞していては、つながりは簡単に消滅します。私のケースでは、逆に別れてからSNSなどを通じもっとわかりあえた事や、先日も元同僚のベトナム人女性より「結婚しました」という報告をFacebookを通じ受ける事ができました。例え、“蕎麦”のように「細くて長いつながり」でも、消滅してしまうよりは断然良く、人生も豊かになります。ですので、テクノロジーを通じ、「つながりを維持する」事は本当に重要だと思うのです。

第2条:Face to Faceを精一杯楽しむ
 とは言え、Face to Faceほど人の距離感を縮め、深いつながりの手助けとなるものはありません。ですので、私は出張やプライベートで向かう先に知人がいる場合には、極力会うようにしています。上述のように、つながりさえ維持していれば、再び会うチャンスは訪れるのです。そして、その際には「Face to Faceの時間を精一杯楽しむ」ようにしています。私の子供達にも、夏休みに日本に帰国した際には、必ずシンガポールやベトナム時代の友達と会うように伝えています。このFace to Faceを通じ、「細くて長いつながり」を極力「深い」ものにして行くのです。そしてまた「人の温かさ」を実感することができるのです。

第3条:新しい出会いを求め、感謝する
 Mr.Childrenの「くるみ」の歌詞の一節、「出会いの数だけ別れは増える、それでも希望に胸は震える」は本当にその通りだと思いますし、逆もしかりです。つまり「別れの数だけ出会いは増える」はずです。但し違いは、別れは勝手にやって来ますが、出会いは待っていてもやって来ないと思います。自分が何かのアクションを起こさなければ、「新しい出会い」はなかなか創出されないと思います。超多忙な駐在員は、自身の仕事に没頭しがちですが、ふと立ち止まって「新しい出会い」を創出する機会を意識的に作る必要があると思うのです。このような条項を作っていながら、タイに赴任してからは激動の毎日だったため、このあたり少し疎かになっていたと反省しています。

 さて、自分なりの「別れと出会いの3か条」をまとめてみました。既に4月に日本へ本帰国される方々の送別会を終え、この3月に既に「別れ」を経験したのですが、4月にはまた多くの人がタイに来られると思います。そんな人達との「新たな出会い」を楽しみに、4月以降過ごして行きたいと思います。

関連記事

yoshi

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。