FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

海外駐在における日本人コミュニティー【悪いところ編】

Posted by yoshi on   2 

 前回は日本人コミュニティーとの関わりについて比較的「良いところ」を書いて来ましたが、今回は別の視点から「悪いところ」も書いてみたいと思います。

目次
 日本人コミュニティーの悪いところ
 それは本当に貴重な人脈か?
 社内では徹底した「外人化」を目指す
 「日本人コミュニティー」と「外人化」のバランス


日本人コミュニティーの悪いところ


 海外における日本人コミュニティーの悪いところは、ズバリ

 「同一社内の日本人駐在員同士でつるむ」

 「お付き合いのゴルフ&飲み会」

 と言って間違いないと思います。日系企業の駐在員という立場であれば、同一社内で複数の駐在員がいるケースが多いと思います。これも同じ海外で辛い思いをしている境遇にいるからこその「団結力」が生まれるのですが、これが時として悪い状況を生むケースがあります。

 勤務中も一緒に仕事をし、社内で「日本語」でコミュニケーションを行い、そして勤務後も一緒に飲みに行き、「日本の奴らは海外の状況をわかってないよな〜」と愚痴を毎晩こぼすケースです。


 言ってみれば海外で「変な団結力」が生まれるパターンです。

それは本当に貴重な人脈か?


 ゴルフのお陰で「社外にも人脈が広がった」と言う人もいますが、ほとんどが仕事上で“利害関係のある人達”が集まっております。

 ですので、それが本当に自分自身が刺激を受けたり、学びを得られるような「貴重な人脈」とは言えないと思うのです。海外駐在中に、仕事のスキルを上げなくてはならないのに、ゴルフのスキルがどんどん上達していく駐在員も時に見られます。毎週ゴルフに行くので、週末の家族のケアも疎かになり、

 ゴルフのスコアが毎週上昇する一方、家族から自分に対するスコアがガタ落ちになり、家族が愛想をつかせて先に帰国するケースも珍しくありません。

社内では徹底した「外人化」を目指す


 前回とは少し逆説的になってしまいますが、「社内」では意識して「日本人コミュニティー」ではなく、「ローカルに飛び込んで行く」事でローカルからの信頼も得られると思いますし、日本への「愚痴」ではなく「提案」を駐在員同士で議論する事が健全だと思います。

 「社内」では極力日本人とつるまず、徹底して「外人化」する事が必要です。

 幸い私はベトナム駐在時代も約60名のベトナム人の中で日本人が2人、今のタイでは500名以上いるタイ人の中で日本人が私1人という状況ですので、仕事では完全に「外人化」せざるを得ない環境にあったのですが、これはこれでやはり大変です。

 誰かと日本語をしゃべりたい欲求にかられますし、従業員同士がローカル言語で話始め、会話についていけなくて歯がゆい思いをする時も度々あります。それでも、社内で自分自身が「外人化」することは、海外でローカルメンバーから信頼を得て、長く一緒に働く為には必ず必要だと思うのです。

日本人コミュニティー」と「外人化」のバランス


 海外の日本人コミュニティーに属する事で得られるメリットとデメリットを正しく理解し、それが自分の為なのか、家族の為なのかも考慮しながら、 

 家族の為にプライベートでは「日本人コミュニティー」を最大限活用し

 仕事ではローカルの信頼を得る為、意識して「日本人コミュニティー」から離れ、「外人化」してみる

 それが海外生活の中で、公私のバランスを取るのに必要な思考だと思うのです。
 

関連記事

yoshi

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

中村勝年 says...""
共感します。海外でも元気に活躍されてますね!
2019.03.13 08:37 | URL | #- [edit]
yoshi530202 says..."Re: 勝年さんへ"
>お久し振りです!コメントありがとうございます。勝年さんと仕事について熱く語ったのは、もう15年程前になるのですね!今年は是非再会したいと思います。改めて連絡させて頂きます。
2019.03.15 21:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。