FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

グローバルコミュニケーションで重要なのは、その「粒感」

Posted by yoshi on   0  0

 さて、先日マレーシア出張がありました。マレーシアでは通勤及び帰宅時にタクシーが本当に捕まりにくい状況で、時には1時間以上タクシー待ちを行う必要があります。それを既に体験していた私は、自社の受付をしているアシスタントに、

「17時半にタクシーを予約しておいて下さい」

とお願いしました。さて、このタクシーは無事に17時半に私を向かえに来ていたでしょうか・・・・・?





結論から申し上げると、

「来ていませんでした(涙)」

17時半にオフィス前に行った際、アシスタントは悠々と、電話片手に自分の携帯のアプリを通じタクシーを「予約中」でした。そして一言、

「10分程前から予約しようとしてるのですが、捕まりません」

「・・・・・・・・・・・・・」

「そうだからお願いしたの!なぜ10分前なの!(私の心の声)」


 これは私の駐在経験のある東南アジアにおいてミスコミュニケーションの典型だと思うのですが、このミスコミュニケーションの原因はなんだったのでしょうか?どうすれば、きちんと17時半にタクシーが待機していたのでしょうか?


このミスコミュニケーションを作り出したのは、実はアシスタントではなく、「私」なのです。

 依頼の場面から振り返ってみると、隠れた前提条件が全く説明されていません。正確に依頼するのであれば、以下のような依頼方法が良かったと思います。

「前回帰宅しようとタクシー呼んだ際に、なかなかつかまらず1時間以上も待つ事になったのです(過去の事実)」

「前回のように待ちたくないので、14時くらいにはタクシー会社に電話して、17時半にオフィス前に確実に待機して私をピックアップするようにアレンジしてくれませんか?(行動依頼)」

「タクシーに乗るのは私一人なので、セダンタイプを予約して頂ければ十分です。行き先は○○ホテルになります(追加の確認事項)」


 ここまで説明して、やっと確実にコミュニケーションが成立すると思うのです。アシスタントは、帰宅時間帯にタクシーが捕まりにくい事を知らなかったかもしれません。

 コミュニケーションに関しては、海外でバリバリ活躍している女性の一人、グロービス・アジアパシフィックの葛山さんの記事が本当に参考になります。この記事では「海外では3倍のコミュニケーションが必要」と量に特化した記事となります。私も120%同意で、何度も読み返しています(以下記事のリンク)。

グローバルコミュニケーションは3倍の量が必要【世界で勝つ戦略思考術】


一方、今回私は

「コミュニケーションの粒感」

について書いてみました。「あ・うんの呼吸」とはつまりはこの粒感の話をしていて、これが日本だった場合、私が冒頭依頼した

「17時半にタクシーを予約しておいて下さい」

という粒の粗さでも十分通じたと思うのです。この依頼でタクシーが来ていない可能性は、日本の場合極めて低いでしょう。

 繰り返しになりますが、海外では自分が過去に経験した過去の事実や、隠れた前提条件は全く相手は備えていませんので、粒感を細かくしてコミュニケーションを取る必要があると思うのです。それがミスコミュニケーションを防ぐ、一つの方法だと思うのです。

 安心して下さい。私も海外に7年いても未だにこんな初歩的なミスコミュニケーションをしますので。。。。日々勉強です。

駐妻のリアル

Posted by yoshi on   0  0

 今回は少し違った視点で、駐在員に帯同する妻(いわゆる駐妻)のリアルに迫ってみたいと思います。現在私の周りでは、既に多くの女性がバリバリ海外で仕事をして活躍されていますが、とは言えご主人に帯同して海外生活をスタートさせる女性もまだまだ多いと思います。私にとっては少しチャレンジングな記事ですが、是非ご覧ください。

駐妻のイメージ
 さて、「駐妻」と聞くとまずはどのようなイメージを抱くでしょうか?ニュアンスは異なれ、8割以上の人が「海外で華やかな生活をしている」と思っているのではないでしょうか?インフラが整備されていない国では運転手付きの車が支給され、駐妻さん同士のカフェやランチ、そしてマッサージやエステを定期的に受けてリラックスし、更に休日には海外の観光名所にアクセスし、華やかに見える写真がSNS上へアップされています。このような話を見聞きした人達が、少しの妬みも含みながら話を盛りつつ構築された華やかなイメージが「駐妻」と思うのです。綺麗な方も多いですし、それが更に華やかさを増すのかもしれません。実際にはどうなのでしょうか?

駐妻の年齢層
 駐在員は海外で即戦力として赴任するケースがほとんどです。最近は駐在員の年齢層も若くなりつつありますが、それでも30代や40代で、脂が乗っている人達が駐在員として選ばれる傾向にあると思います。私も海外駐在を開始したのが35歳でした。となると、駐妻の年齢層も駐在員と同様、30代から40代が多いように思います。女性としても魅力的な年齢と言えますね。

駐妻のリアルな苦悩
 ここからは私が約7年ほど海外に出て見てきた駐妻のリアルに言及したいと思います。30代から40代と言えば駐在員だけでなく、キャリアを積んで来た女性としても本来は働き盛りのはずです。ところが駐在員に帯同する場合、帯同ビザは支給されてもワークパーミットを取得する事が出来ず、基本駐妻は能力があっても海外で働く事が出来ないケースが多いのです(注:現在は配偶者のワークパーミット取得をサポートする企業が増え、海外でも働く機会が増えつつあります)。優秀な駐在員に帯同する奥様は得てして優秀な方が多いのですが、ビザの関係で働く機会を失ってしまうのです。日本では「女性活躍」が叫ばれ、女性の働く機会が増えつつある一方で、駐妻の方々は海外へ帯同中働けない事に大きな不安を抱いているのです。これは実は凄く大きな課題だと思います。

 また、30代から40代は、小さなお子さんがいる家庭が多く、ただでさえ難しい子育てを、海外という日本とは異なる環境下で行わなければなりません。もちろん海外ですので、頼れる親族が近くにいる訳でもなく、サポートが不十分で不安を抱えながら子育てをしなければならないのです。

 車の支給なども一見華やかに見えますが、ベトナムの街を一日歩いてみれば分かります。モーターバイクが無尽蔵に走り、空気が劣悪な中、スーパーに行って、重い食材を持って帰るのは至難の業です。そして車が便利だと思えるのもほんの数ヶ月で、外を自由に歩けないストレスがいずれ勝ってきます。そしてドライバーさんが必ずしも気が合う人という訳でもなく、ドライバーさんと駐在員・駐妻の間でトラブルが発生する事もしばしば存在します。

 更に、駐在員として赴任しているご主人は、相当忙しいと思います。よって、ご主人が100%奥様をサポートし、不安が拭えるかと言えば決してそうではなく、上記のような様々な苦悩を共有出来るのが、唯一同じ境遇の駐妻しかいないのです。ですので、ランチ会などが頻繁にあるのは、不安を拭い、お互い助け合う為にあって当然なのです。そして、たまの休日に家族でのんびり旅行に行くのも当たり前で、普段ご主人が忙しすぎて、家族でゆっくり過ごす機会は極めて少ないと思うのです。

理解すべき駐妻二つの側面
 冒頭「駐妻のイメージ」で描写した通り、華やかな側面は勿論あります。但し、世間一般的にはそちらが膨張され過ぎていて、リアルに苦悩している側面が見過ごされているような気がするのです。そして私が見えているのも表面的な駐妻の苦悩のみで、まだまだ分かっていない事も沢山あると思います。例えば駐妻のコミュニティーに容易に馴染める人と、馴染めない人もいるでしょう。そんな人をどのようにサポートするのかも課題の一つだと思います。

 最後に、「女性活躍」が日本で叫ばれる中、それが海外に広がればおのずと「駐妻活躍」の場も広がると思います。自分も何かそこに貢献してみたいと密かに思っています。駐妻活躍が当たり前の状態になって、「駐妻」という言葉が死語になるような将来が来れば嬉しいですね。

駐在員の苦悩②~出張者にどう対応するか?~

Posted by yoshi on   0  0

 駐在員は日本からの出張者対応も仕事の一つだと思います。出張者だけではなく、時として重要なお客さんを迎え入れるケースもあると思います。よって、「ホスピタリティー」を持つことは、駐在員にとって一つの要件になり得ると思います。
 
 基本的に出張者は明確な目的を持ち、我々のような駐在員と現地を視察したり、直接話さなければならないような重要案件を抱えている事が多いですが、残念ながら大した目的も持たず、若干旅行気分で出張に来られるケースも少なからず存在します。私の場合、生産担当という立場上、工場見学を依頼される事が多いですが、「○月○日に工場行けますか?」というだけの依頼もあり、目的、人数、希望時間、工場の何を見て何を議論したいか、最終のアウトプットは何なのか等々、時には基本情報を伝えられず、訪問依頼を受けるケースもありました。

 さて、ケースの違いはあれど、忙しい最中、このような出張者もしくはお客さんに直面した時にはどう対応するべきでしょうか?正直うんざりしますし、来て欲しくないですよね。分かります、私もそう思っていました。ただ、それではこちらにとっても嫌々対応するだけで、全くメリットがないので、私の場合、今はこういう出張者が来た時にこそ、全力で対応しています。そして私のチームにも全力で対応するように伝えています。

 仮に上記のような不足情報があった時にも、丁寧に確認するようにし、目的に応じてしかるべき当日の対応者も準備するようにしています。なぜこんな事をしたほうが良いのでしょうか?理由は大きく3つあります。

1. いかなる場合もイニシアチブを取る
 上述のように目的やその他の情報が不明なままでは、勿論こちらの準備が不足してしまいます。準備不足で当日を迎えると、得てして当日「あーしてくれ、こーしてくれ」と思いつきの依頼が殺到し、現地は混乱します。準備不足を招いた依頼側の出張者自身が、なぜか当日イニシアチブを持つ事になり、現地があたふたする結果となります。それよりも目的やその他の情報が不明な場合は、こちらから逆提案を行い、準備段階からイニシアチブを取り、当日の予定も全部こちらが決めてしまうぐらいの勢いでリードしたほうが結果的に断然楽になります。

2. 関係性の強化
 上記のような対応をすると、支援者が増えます。「すごく良い対応だった」「勉強になった」「来た甲斐があった」などなど、旅行気分を一掃して、アウトプットを持ち帰って頂けます。結果良好な関係性が築ける上、それは会社にとっても無駄な出張にならずに凄く良い事なのです。出張者は大抵の場合、帰国後出張報告があるので、こちらの対応が良かった場合、その話は出張者の部署及びその関連部署まで拡がる事もあり、後々思ってもみないサポートを日本から頂戴するケースもあるのです。一種の返報性の原理が働くのです。

3. 自分も楽しむ
 仮に出張者が旅行気分で来ていた場合、駐在員としてのモヤモヤを振り払い、思い切って自分も楽しみましょう。上記のようにこちらがしっかりイニシアチブを取って、やるべき事をやれば、アウトプットはそれなりに出て、かつ関係性も強化されます。仕事後の食事も、普段一人では行かないようなところに誘ってみて、新しいレストランや雰囲気を楽しんでみましょう。ハズレても大抵食事代は出張者の出張経費で落ちるはずです(笑)。

 さて、忙しい最中の出張者対応に対する気持ちは私も本当に理解出来ますが、上述のような感じで対応してしまえばポジティブに、そして結果も出るはずですし、逆に結果を出させるのも駐在員の仕事と捉えて良いと思います。ちょっとした気持ちの持ちようだと思うのですが、駐在員にとっては重要な事だと思います。但し、休日までアテンドを要求したり、ゴルフに誘って来る場合ははっきり断りましょう。それはもはや仕事ではありません。

写真を趣味にしてわかった事~その2~

Posted by yoshi on   0  0

 先日「写真を趣味にしてわかった事」という題目で投稿をさせて頂きましたが、本日はその続編です。イギリスのロンドンとドイツのハノーファーへ出張機会があり、隙間時間を利用してカメラ片手に街を散策して来ました。その散策を通じわかった事が少し増えたのと、それを抽象化するとビジネスにも繋がる事が多かったので言語化してみます。

1. 敢えて遠回りをしてみる
 前回も書きましたが、カメラを趣味にすると、まずやることは「何を撮影するか?」を考えるようになります。観光名所がある場合、タクシーや他の交通機関を使ってその場所にピンポンとで向かう事もありますが、カメラを持つと敢えて交通機関を使わず歩いてみたり、少し遠回りして目的地に行くことがあります。理由は、自分が想定していなかった風景に遭遇する事を期待してです。今回私も遠回りして、ロンドンのWaterloo駅の高架下を通ってみると、驚くようなストリートアート(グラフィティー)に遭遇しました。ロンドンと言えば歴史的建造物や赤いバス(通称:ルートマスター)をイメージしがちですが、遠回りしなければこのようなストリートアートとの遭遇は間違いなくなかったです。

ストリートアート@Waterloo Station

2. 構図・アングル・光と影
 私もまだまだ勉強中ですが、カメラで大事なのは「構図・アングル・光と影」と言われています。例えばお城に行った情景をイメージして下さい。何も考えずに撮影するとお城の正面から写真を撮ったり、ちょっと斜めから撮ってみたりする程度だと思います。ところが、構図・アングル・光と影を少し意識してみると、お城へ近づいたり、あるいは離れてみたり、それからアングルもあらゆる角度から見て、その時の光と影の違い確認すると、同じ城でも全く違った城に見えたりするものです。

3. 動いてやってみる
 上記のように敢えて遠回りするのも「自分で動いてみる」というのが根底にあると思います。タクシーに乗れば楽に目的地に着きますが、目的地に到着するという事以外に何も得られません。効率化という意味ではベストな選択ですが、目的地に到着するまでの風景は全く楽しむ事が出来ません。構図・アングル・光と影も論理的に学ぶべき事(例:三分割構図、対角線構図など)がありますが、机上で学ぶよりもまずは写真を数多く撮る事で体得していく事が重要だと思います。論理は後から自分の体験と結びつける事が出来ると思うのです。

 さて、どれも抽象化するとビジネスに繋がる事が多いと思います。昨今効率化ばかりを考えているビジネスパーソンはちょっとした遠回りも「ムダ」と捉えがちですが、遠回りしなければ見えないことも多々あると思います。それをムダと思うかどうかは意識の持ち方次第だと思うのです。働き方改革で、効率化が追求され過ぎのような気がしますが、時として意識的に遠回りしてみることも、想定しない結果を得る為には必要だと思うのです。

 構図・アングル・光と影もビジネスに直結すると思います。あるビジネスの事象を真正面からしか見れない人には、単一的な解しか導き出せないと思うのです。どれだけその事象を違った構図・アングルで見れるかが重要だと思いますし、見方によってはそのビジネスの光と影の側面も見えてくると思います。そしてそれが正しい意思決定が出来るかどうかに大きく作用すると思うのです。

 最後に、自分で動いてやってみない人はやはりビジネスパーソンとしての信頼が低いと思いますし、魅力もあまりないと思います。三分割構図を正しく語れる人よりも、理屈は分からなくても何千、何万枚もの写真を撮り、人が感動するような写真を撮っているほうが圧倒的に魅力的です。ビジネスにおいてもいつも動いている人、何かを実際に体験し、理論よりも体験を語れる人がやはり魅力的だと思います。少なくとも自分はそうなりたいと思っています。写真からの学びでした。

【グローバル人材インタビュー vol.3】常に異なる分野や新しい事にアンテナを張る

Posted by yoshi on   0  0

 グローバル人材インタビュー第3弾。シンガポール駐在時代に知り合い、今でも公私ともにお世話になっている日系大手航空A社勤務のHさんにインタビューさせて頂きました。Hさんは何でも良く知っているなと思っていましたが、やはり背景には小さな工夫がありました。

A社は人材育成に力を入れているように見えますが、グローバル人材育成の為に、具体的にどのような事を実施していますか?
 日本のメンバーに対してはグローバル化の第一歩として英語力を強化する為に、語学関連オープンセミナーやオンラインカリキュラム、選抜英語研修(English Bootcamp等)の費用を一部負担しています。現在では新入社員は入社時にTOEIC600点、管理職昇格時にTOEIC700点を取得するよう従業員に呼びかけています。また海外実務研修の拡充や、国内及び海外のMBA留学も人材育成の一環として行っています。7年ほど前から「従業員は入社10年以内に海外」という社内の目標を立てたものの、達成率は未だ数%で課題は残っています。

 海外ローカルスタッフに対しても、ローカル化の方針を掲げフェアな人事制度を構築すべく、人事制度を2014年にグローバル基準に移行いたしました。日本に行って仕事をする機会も与え、これまで日本人駐在員がしていた仕事のスコープをローカルに移管し、ローカルスタッフの戦力強化に繋げるようにしています。

異文化コミュニケーションとは一体なんだと思いますか?そしてその能力がなぜ必要だと思いますか?
 言葉以上に大切な「モノ」を一般的に異文化コミュニケーションと総称される事が多いと思います。例えばその国の文化、しきたりなどがそれにあたると思いますが、それらが理解できなければ、言語が出来ても日本と同じやり方は通用しないと思っています。日本のような以心伝心は海外では難しく、相手を理解するには親身になって聞くという傾聴の姿勢が大事だと思います。最初の駐在地であったバンコクでは、タイ従業員は自分の指示に対して頷きますが、それが本当に理解しているとは限らず、行動に反映しない事もしばしばありました。日本のように、メールを送るだけで理解し、動いてくれることも極めて少なく、だからこそ日本にいた時以上に数多く、そしてFace to Faceのコミュニケーションが必要だと思います。

グローバル人材になる為に具体的に取組んでいることを教えて下さい
 グローバル人材の方々は仕事だけではなく、様々な事に対し造詣深く、新しい事に興味を持つ人がとても多いと思います。ですので、私も食文化、歴史、世代ごとの流行などのいわゆるリベラルアーツを学んだり、常に異なる分野や新しい事にアンテナを張るようにしています。日々の日常の中で心がけているのは、どんな些細な事でも良いので「1日1つは新しい事をする」ことです。例えば職場から自宅への帰り道をいつもと変更したり、食事もいつもと違ったものをオーダーしてみるなど、小さな事でも良いので自分自身で変化を与え続け、そこから新しい何かを学びとるようにしています。

Hさんにとって「グローバル人材」とはなんですか?
 端的に言うと、A社の WAYを自らが体現できることが「グローバル人材」であると言えるかもしれません。そして、その術を外国人に対しても的確に伝え、違いがあっても臆せず、その違いを理解し、適切に接することが出来る人だと思います。

Hさん経歴
1992年日系大手航空A社入社後、国内業務に従事。2012年4月、42歳でバンコク支店に異動となり3年間勤務。その後2015年4月よりシンガポールに異動となり、アジア・オセアニア地域の総務・人事統括となり、2018年8月に日本へ帰任。現在に至る。

該当の記事は見つかりませんでした。