FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

【グローバル人材インタビュー vol.2】力の倍数を高める

Posted by yoshi on   0 

 2018年に海外で活躍している方々にインタビューをさせて頂く機会を得ました。先日のGoogle Asia Pacificの山田理禾(あやか)さんに引き続き、今回は日系消費財メーカーで数々の海外経験のある住野温さんのインタビューを抜粋し、特に「異文化コミュニケーション」と「グローバル人材」について、住野さんの個人的見解を文章にまとめてみました。

海外展開状況について教えて下さい
 1960年代から海外事業展開はスタートしているので、会社として海外展開は比較的早くスタートしています。海外ビジネスは好調に成長しており、特にここ数年は海外売上が毎年大きく伸びています。現在、東アジア、東南アジア、欧州、中東、南アフリカを中心にビジネスを展開しています。

海外勤務経験を通じ、異文化コミュニケーションとは一体なんだと思いますか?そしてその能力がなぜ必要だと思いますか?
 海外勤務経験を通じ、その国それぞれの国民性があるのは確かだと思います。背景としては、生まれも育ちも環境も、そして宗教も異なるというのが勿論あると思います。その中でまずは、「日本のような暗黙知や、察する文化は通じない」という事を前提として理解しておく必要があると思います。
 海外でビジネスする上で重要なのは、全く異なる文化の中であっても、物事を正しく伝え、自分の思う方向(会社のゴール)へしっかり動いてもらうことです。その為にはやはりコミュニケーションが最も重要で、それが上手くいかないと、1+1=2にならず、極論ゼロになる可能性もあります。但し、コミュニケーション次第では、1+1が3にも4にもなり得るのも事実であり、その「力の倍数」をどれだけ高められるかが、異文化コミュニケーション能力だと考えます。

異文化コミュニケーション能力向上の為に、具体的に取組んでいることを教えて下さい
 異文化コミュニケーションの能力とは、つまりは異文化環境下で「相手を納得させ、共感させる力」だと思っています。その上で重要なのは、コミュニケーションの手段を選ばず、「絵に描き、表にして、理解させる」など、目に見える形で伝え、確実な相互理解に努める事だと思います。
 もう一つ重要視しているのが、竹中平蔵氏の言葉でもありますが、「戦略は細部に宿る」を実践することだと思います。異なる価値観を持つメンバーであっても、具体的に戦略がイメージ出来るレベルまでディテールを描ききる事が重要で、そのイメージが共有できてはじめて人が動き、結果が出て、信頼されるのだと思います。

住野さんにとって「グローバル人材」とはなんですか?
 語学が重要だと言われますが、語学はあくまでツールの一つです。英語が流暢だから仕事が出来るというわけでは必ずしもありません。
 簡潔に言うと、「色々な考えを持つ人たちの中で、自分の考えを正しく伝え、共感してもらい、同じ方向に向かって物事を進めることが出来る人」だと思います。そして「自分の軸を持ち、目の前の小さな成功を積み重ね、現地からの信頼を勝ち得る事の出来る人」がグローバル人材と呼ばれるのだと思います。

住野温
99年に国際部に異動し海外業務をスタート。海外マーケティングで欧州担当の販促を実施後、アジア事業部として2005年からタイビジネスに従事。2006年タイ事業の再生計画を立案しそのままタイに駐在、自身の策定したビジネスの再生計画を作成・実行。2011年に日本に帰任し韓国子会社立上プロジェクトリーダーとして韓国立上げを企画実行。立上げ後、現地責任者に指名され、2012年より韓国で韓国社社長として駐在を開始し、実質ゼロからビジネスを立ち上げる。2017年からCEOとしてマレーシアに異動、駐在した3社にてすべて赤字会社から黒字化を実現。2019年2月に日本へ帰任。現在に至る。

Too niceな日本人

Posted by yoshi on   0 

 「日本人はいつも1列に並んで順番を待つ」「日本人は災害時も協力し合い、盗みや物の取り合いも発生しない」「日本人はゴミを捨てないし、ゴミが発生しても自らゴミを捨てる」などなど、このような日本人の行動が海外目線で賞賛される事は度々あります。日本人として誇るべき行動だと思います。

 一方、海外経験が長くなって来た場合、自分の価値観もそうですが、このような日本人として当たり前のように持っておくべき価値観を、自分の子供にどのように教育するかは重要になります。そして更に重要なのは、それを理解した上で「どのように行動するか」だと思います。

 先日“ゴミ拾いは「正」か?”という記事をBlogに投稿させて頂きました。これと似たような事が海外で発生するケースがあり、日本人としての価値観を海外で徹底してしまうと、時として“Too nice”になってしまうケースがあるのです。2つ程例を挙げたいと思います。

 まずは上述の「日本人は1列に並んで順番を待つ」ですが、礼儀正しく、万人にフェアな行動です。この価値観が基本的に「正しい」という事に疑いの余地はないと思います。しかし、皆さんも昨今海外からの旅行者が増えた日本で経験があると思いますが、特に中国人の方が1列に並ばず、平気で横入りして来たケースに遭遇した事はないでしょうか?中国人の方が特徴的ですが、海外ではこういうケースに遭遇する事が多々あります。その際に「1列に並んで順番を待つ」という価値観に縛られていると“Too nice”でいつまでも自分に順番が回って来ないのです。

 2つ目の例として、「信号機の指示に基づいて、横断歩道を渡る」を取りあげたいと思います。これも日本人の行動に染み付いており、疑いの余地なく「正しい」です。しかしながら、特に私が過去に駐在経験したベトナムでは、モーターバイクが洪水のように走行し、時には信号機を無視したり、平気で歩道の上も走っています。ここでも信号機の指示に従っていては“Too nice”となり、いつまでも横断歩道を渡れず、例え青で渡ったとしてもバイクと衝突するという危険に遭遇するのです。

 要するに、日本人としての当たり前の価値観を持ちつつも、海外で上記のような別の価値観に遭遇した場合に、「どのように行動するか」あるいは親として子供に「どのように行動させるか」が海外でサバイブする為に必要な一つの「教育」になり得るのです。

 1列に並んで順番を待つかどうかは、「1列に並んで下さい」と注意を促す事も出来るでしょうし、「自分自身が同様に横入りする」ことも可能です。勿論Too niceでも構わないので忍耐強く「1列に並び続ける」という選択もあるでしょう。

 信号機に関しては、「信号ではなく、実際の交通量に基づき、赤でも横断歩道を渡る」という選択もあるでしょうし、「そもそも安全の為、移動は全てタクシーを使う」という割り切った選択肢もあると思います。

 日本人の行動を促すベースの価値観は、世界に誇るべきものだと私も思います。しかしながら、その価値観に縛られたまま海外で過ごすと、時として“Too nice”になってしまいます。そうならない為にも、価値観を十分理解した上で、自分の行動の「軸」を持ち、対応する「柔軟性」が必要だと思うのです。

駐在員の苦悩①~完全減点方式~

Posted by yoshi on   0  0

人を評価する際に、良く「加点方式」か「減点方式」かを問われる事があります。当たり前ですが、新入社員くらいの立場であれば、期待値もそれ程高くないので大抵「加点方式」が採用され、ちょっとしたアウトプットでも評価されます。

 一方、課長や部長クラスになると、周りからの期待値が既に高いため、「減点方式」が採用されるケースが多く、私も若い時には「あの課長(部長)、こんなことも出来ないのか」と良く愚痴をこぼしていたものです(笑)。今ではそう言われている側ですが。。。相撲の横綱を見れば完全に減点方式ですよね。「勝って当たり前」と思われてますし、素行が少しでも悪いものならば「横綱としての気品がない」と言われ、どんどん減点されて行きます。

 さて、海外の日本人駐在員はどうでしょうか?そうです、私の経験からこれは「完全減点方式」だと思います。この完全減点方式というのは、あくまでローカル社員から見た日本人の評価であり、日本の本社から見た日本人の評価ではありません。

 ローカル社員の目線では、日本から駐在員が来たという時点で、年齢や役職に関係なく最初から150点くらいの点数がついています。つまり最初から「期待値」が高いのです。日本人駐在員がローカル社員に比べ、良い待遇である事も余裕でバレています。ですので、ちょっと仕事が出来ないと、どんどん減点されて行きます。これがローカル社員の目線です。

 一方で、駐在員の目線で話をすると、海外駐在になった途端、日本にいた頃より役職が一つもしくは二つ程度上がり、そして仕事範囲も急激に広がるため、全部が完璧に出来るわけがないのです。逆に言葉や文化の壁もあり、出来ない事のほうが多いのです。

 そうなると150点を期待しているローカルとのギャップが生まれ、ローカルからの自分の評価がどんどん下がっていくような雰囲気に押しつぶされそうになり、そんな事もどんどんストレスになってしまうのです。私が海外駐在初期の頃そうでしたから、良く分かります。

 あくまで私が思うことなので、解決法という訳ではありませんが、ローカルからの評価は一旦脇に置いておいたほうが良いと思います。そもそも他人の評価は自分で変えられないので、それは別の課題として一旦脇に置き、その上で「自分が出来ない」という事も素直に自覚し、それを克服していく事にまずは集中します。そんな姿は、きっとローカル社員も見ています。

 ここで相撲の話に戻りますが、元横綱の千代の富士は相撲ファンでなくても愛されていた稀有な存在と思います。怪我も多かったですし、敗戦も多く経験していました。なぜあれ程ファンがいたかと言うと、相撲人生に浮き沈みが多く、怪我で苦悩している姿も多くの人が見ており、それを克服していく姿も同様に皆が見ていました。横綱だったにも関わらず、単純に「減点方式」のみで評価されていなかったと思います。

 駐在員も究極的にはこの姿を目指すべきだと思うのです。評価を気にして完璧を目指すよりも、苦悩を素直にローカルに打ち明け、出来ない事を克服しようとする姿を見せたり、更に困難をローカルと一緒になって克服し、そんな仕事の浮き沈みを一緒に共有することで「加点方式」も「減点方式」もなくなり、人として評価されると思うのです。

 人は完璧な人間よりも、浮き沈みがあって、ドラマのような人生を歩んでる人に魅力を感じ、応援したくなります。ですので、駐在員は評価に苦悩するよりも、仕事で苦悩する姿をオープンにし、ローカル社員と一緒に克服していけば良いと思うのです。そうすることで、減点方式の呪縛から解放されると思います。

該当の記事は見つかりませんでした。