FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

「趣味は何ですか?」に即答できますか?

Posted by yoshi on   0 

突然ですが、「趣味は何ですか?」に即答できますか?私は残念ながら出来ません。そういう意味では、若干無味乾燥な人間かもしれません。もちろんランニングやジムでのトレーニング、読書、一人旅、そしてこうやって文章を残すことが好きなので、それを「趣味」と言ってしまえば良いのかもしれませんが、なかなか言い切れない部分があります。

昔は、、、と言ってももう16年も前になるのですが、趣味は小学校2年生からずっと続けていた「野球」と言い切る事が出来ました。毎週末野球に出掛け、チームメイトと勝ち負けに拘りながら野球するのがとても楽しかったです。ところが25歳の時に肩を壊してしまい、小学校の頃から10年以上もピッチャーをやり続けていた私は、ボールが投げれなくなった事によって野球がすっかり「別の球技」に思えてしまい、以来野球からはすっかり距離を置くようになりました。今やっている色々な事は、野球と同程度、もしくはそれ以上にのめりこんでおらず、あの時味わった楽しさを得られていないので、自分の中で「趣味」と言い切れていないのだと思います。楽しさの種類が異なるので、比較はし辛いですし、比較する必要もないのですが、私の中ではそんな感覚です。

さて、前置きがすっかり長くなってしまいましたが、そんな私を反面教師としながら一流のグローバル人材に共通する点として、「趣味を持っている事」が挙げられると思います。それもユニークで、時にはストイックで「本当にそれ趣味ですか?」と思ってしまう程真剣に打ち込んでいる事が、特に優秀な人程多いように思います。

例えばフルマラソンに挑戦し、完走タイムに拘っていたり、トライアスロンをしていたり、プロカメラマンのような腕前で写真を撮ったり、バンドを組んで定期的に人前で演奏したり等々。皆一様に真剣に趣味に取組んでいます。

超一流の人達は、仕事も趣味も分け隔てなく真剣に見えます。真剣になれるということは、結局シンプルですがそれをやることが「好き」なのだと思います。好きになってのめり込めば何をやるのも真剣になり、また結果が出ると楽しくなります。結局そんな人達は、結果を出すプロセスをしっかり理解しているのだと思います。つまり、「好きになる→真剣に取組める→結果が出る→楽しくなる→もっと好きになって、もっと真剣に取組む」。このような成功の循環をずっと回しているのだと思います。

そんな事を現在一人旅中の北京で考えてました。私も今やっている色々な事をのめり込む程好きになってみようと思うだけでなく、40代も超え、チョイ悪オヤジの領域に入ってきましたので、ちょっと趣のある、そして大人の新しい趣味を見つけ、もっと人生を楽しみたいと思ってます。新しく見つけた趣味はまたどこかでお知らせしたいと思います。

【グローバル人材インタビュー vol.1】「日系企業」と「外資系企業」の違い

Posted by yoshi on   0 

 2018年に海外で活躍している方々にインタビューをさせて頂く機会を得ました。本日はその中から、NTTドコモという典型的な「日系企業」とGoogleという典型的な「外資系企業」の恐らく文化が正反対と思われる両企業での勤務経験を持つ山田理禾(あやか)さんのインタビューの中から、特に「日系企業」と「外資系企業」の違いについて、あやかさんの個人的見解を文章にまとめてみました。

日系企業と外資系企業の違いとは何だと思いますか?違いがあるならば、強みと弱みはどこにあると思いますか?
 日系企業の強みはルールに従い、同じ気持ち、同じ方向性、同じやり方を持って、チームの絆を深めながらゴールに進む事だと思います。但し、強みと弱みは表裏一体だと思っており、逆に言うと、チーム内で外れた意見などは言いにくい状況が見られます。個人プレーではなく、皆で足並みを揃えていく企業習慣が一般的に多いと思います。また気質上、マニュアル化や綺麗にプロセスを作り上げるのは日系企業が得意としている事だと思いますが、それを行う為に仕事の大半の時間を割いており、結果的に残業が多くなるのだと思います。人との調整も同様であり、「根回し」などは時として強みとなり得ますが、そのために意思決定のスピードは極端に遅くなり、スピードの速い業界(例:IT業界)などでは大きな弱みにもなると思います。ですので、弱みはこれらの強みに足を引っ張られ、爆発的なイノベーションが起こしづらい事や、スピード感も出しづらい事だと思います。人事の面でも昇進含め、「みんな一緒」の習慣がまだまだ存在している為、優秀な社員を伸ばしづらいだけでなく、一人ひとりの個性を伸ばしづらい環境にあると思います。

 一方で外資系企業の強みは、まずは結果を怖れずやってみるという企業家精神が根付いている事であり、トライアンドエラーで物事を作りこんで行く文化があることだと思います。やりたい事は個人がなんらかの方向で進め、実現できる社内の仕組みが存在すると思い、それは社内のルールがガチガチに固まっておらず、自由度が高い事が背景にあると思います。結果が求められるので、個人が会社にいながら事業主のような働き方をし、プロフェッショナルで優秀な人材が集まり易く、そこで相乗効果を生み易い環境にあると思います。当然外資系企業にも弱みが存在し、日系企業と異なりマニュアル化が苦手で業務プロセスが時として雑なため、結果多々エラーが発生します。お客さんの対応一つを取ってもマニュアル化が苦手な事が影響し、詳しい情報をタイムリーに与えられない状態が発生します。連帯感は日系企業に比べ薄く、結果を出そうと個人のアピール合戦になりがちなので、日系企業のようなチームの絆が生まれづらいのは実感としてありますが、だからこそ「リーダーシップ」が重要だと思います。社内文化としては自由度が高すぎるところもあり、極端な話し、さぼろうと思えばさぼれる状況にあるため、徹底した自己管理能力が必要と思います。

そんな日系企業と外資系企業の両側面を経験したあやかさんにとって「グローバル人材」とは何ですか?
 そもそも今のグーグルには「グローバル人材」という言葉が社内にありません(笑)。もともとグーグルのビジョンや戦略は、グローバルに沿ったものに設定されており、それを実践出来る人を社内では「グーグラー」「グーグリネス」と呼ばれるのですが、あえて言うなら、それを忠実に実践出来る人は「グローバル人材」と言えるかもしれないです。具体的に言うと、使う人の事を一番に考えることのできる「ユーザーファースト」である事。そしてオープンマインドで情報共有を積極的に行い、引っ張っていくだけの昔のリーダーシップスタイルではなく、バランス感覚を持ち、色々なメンバーの意見を聞きながら、限られた情報量の中でも正しく判断し、行動できる人などを指すと思います。勿論それを遂行する為には、やり方の違い、行動の違いなど、言語レベルを超えたいわゆる「異文化」と言われる部分の理解力が必要です。「この人はこういう人だ」と決めつけることが、コミュニケーションの妨げになり得る為、個々の違いを受入れ、理解するマインドセットが必要だと思います。コミュニケーションエラーは「拒否」から始まるため、自分の譲れない部分を守りながら、自分と合わない部分と折り合いをつけるスキルが必要だと思います。

 私自身は今後会社の名前を使って活躍するのではなく、「自分ブランディング」を行う事が将来的に必要だと思っています。現在、プロとしてコーチング業務も開始しましたが、それは「外に発信する能力」「人に対する影響力」を磨き、結果的に自分というブランドを高めて行く事を目指しています。会社のルールに沿って生きていくだけでなく、自分の信じている事を今後実践したいと考えています。

山田 理禾(あやか)
インドの Mahindra United World Collegeを経て大学ではイギリスの University College London に留学。卒業後、NTTドコモに入社。約7年間の勤務を経て、Google Japanに入社。4年間日本の法人で勤務した後、2015年10月より、シンガポールの Google Asia Pacific にて、グーグルのクラウドテクノロジーを企業に導入する際に起こる社員の働き方、企業文化、ビジネスプロセスなどへの変化に各企業がスムーズに対応し、本来の目標を達成できるよう人組織に関するコンサルティングに従事。また、個人の活動として、米国の世界最大の対面型コーチ養成機関である ’Coaches Training Institute(CTI)’ が提唱している’Co-Active Coaching’ の資格を取得し、プロとして個別コーチングセッション(https://session.jibunlife.biz/intro)を提供している。

安心、安定、安全の日本

Posted by yoshi on   0 

日本に一時帰国しています。改めて帰国し、「日本」を観察すると、こちらの「当たり前」が 世界的には本当に驚くべき出来事であったりします。代表的な事象を「安心、安定、安全」の3つのキーワードをベースに抜粋してみたいと思います。

安心:高級ブランドバッグを放置する安心感
先日大阪のとあるベンチで休憩していたところ、比較的若い女性がヴィトンのバッグを私の横に置き、どこかに立ち去りました。意図は容易に理解出来るのですが、これは「場所取り」です。この女性は数分後、コーヒーカップを片手にベンチに戻って来て、私の隣に何食わぬ顔で座りました。考えてみると、置き引きされるリスクもある中、高級ブランドバッグを放置するなんて、あり得ないですよね。

安定:交通機関の安定感
国内線飛行機、新幹線、在来線、地下鉄、高速バス、ホテルの送迎バス等など、一時帰国中様々な交通機関を利用しました。遅れは「全くなし」でした。そして、全て計画通り旅程が完了しました。遅れがないだけでなく、「ジャスト・イン・タイム」で到着するこの交通機関の安定感はやはり凄いと思います。

安全:女性の一人歩きを可能にする安全性
今回夜遅くまで飲む機会もありましたが、遅い時間帯まで女性が一人歩きをしているのを目にしました。中学2年生の娘を持つ私としては、老婆心ながら心配になってしまいますが、それでも、女性の一人歩きが可能な日本は、改めてその安全性を感じさせてくれます。

さて、上記は勿論世界に誇れる日本の良さだと思う一方、これが「当たり前」に体に染み付いている日本人は、海外では要注意だと思うのです。海外での置き引きのリスクは相当高くなるだけでなく、放置していなくても警戒心の薄い日本人を標的に、戦略的に盗難を試みるグループも存在します。私もタイでリュックを背負い、普通に人通りの多い駅周辺を歩いていたところ、3人のグループに囲まれ、一人は後ろからリュックのジッパーをあけようとしており、残り二人は私の両脇を固め、周囲から見えなくしていただけでなく、私が走り去らないようにしていました。途中で違和感に気づき、事なきを得ましたが、海外での盗難リスクは圧倒的に日本よりも高くなります。

交通機関に関しても、遅れを前提に旅程を練る必要があります。日本人は交通機関同様、仕事も遅れがない事が「当たり前」と思っているので、計画立案は遅れがある事を前提に、比較的余裕あるプランニング、もしくはバックアッププランを事前に用意するのが得策と思います。遅れる事のほうが世界の「当たり前」かもしれません。

そして、安全性。私の家族も海外生活が6年目を迎え、妻も子供も、そして私自身も油断している兆候が見えますが、いくら治安の良い国と言われていても、「日本人」を標的にしている人達は存在するのです。海外で生活している事を忘れずに、常に警戒心を持って生活するべきだと思います。

そう言った意味では、グローバル人材の一つの資質と言って良いのかどうかわかりませんが、海外で長く働き生活する為には、良い意味で臆病であり、警戒心を常に持っておく事も重要な要素だと思うのです。

日本を離れ、日本の良さを知る

Posted by yoshi on   0 

「海外旅行に行きたい」という声を良く聞きます。確かに、世界には本当に素晴らしい場所が沢山ありますし、時には日本で味わう事の出来ない素敵な料理も堪能する事が出来ます。そして、その海外旅行は自分の価値観、人生観を変えるような旅になるかもしれません。かく言う私も、初めての海外旅行が「タイ」で大きく人生観が変わりましたし、今その「タイ」に住んでいるというのは不思議な縁を感じます。ですので、「海外を知る事」は本当に良い経験になると思いますし、その点に関しては疑いの余地はないと思います。一方でこんな質問を投げかけられた時、どのように答えるでしょうか?

「あなたはどれだけ日本の事を知っていますか?」

海外で生活するようになると、逆に海外の人達が日本に非常に興味を持っている事に気づきます。私が一緒に仕事をして来た多くの外国人は本当に日本が好きですし、今一緒に働いているタイ人の中には「日本に旅行する事が夢」と語る人達もいます。そして驚く事に、時として私よりも、もっと言えば一般的な日本人よりも「日本の名所、料理そして文化」を知っています。昨今のSNS、特にInstagramなどの影響が大きいかも知れませんが、容易に情報を取得し、それが瞬く間に広がっているのです。

このような状況下で、私も日本に関しての多くの質問を受けます。一番多いのが、日本の名所に関して、「○○に行った事はあるか?」という質問ですが、恥ずかしながら「行った事がない」と答える確率が高過ぎて愕然とします。日本にいた時には名所であればあるほど、「いつでも行ける」という感覚が強過ぎて、結局訪問できていない場所が余りに多い事に気づきます。そうです、我々日本人は、日本の事を意外と知らないのです。

私のこれまでに会った「一流」と思うグローバル人材の方々は、皆一様に自国の事を良く理解しています。ただ名所に行った事があるというだけでなく、その名所の歴史的背景含め、そこから話が大きく広がります。自国を良く理解しているからこそ、他国の違いにも敏感であり興味を持っているので、結果的に他国への理解も深まります。

日本を離れ、「日本の事を知らなさ過ぎる」と気づきを得たと共に、改めて「日本の良さ」にも気づく事が出来ました。海外に目を向ける前に、日本にも世界に誇るべき沢山の名所や料理、文化が存在します。「他国を知る前に自国を知る事」も一つのグローバル人材の要件だと思います。

東南アジアの居酒屋でわかる、グローバル人材としての「資質」

Posted by yoshi on   0 

 「忍耐力」は海外で働き、成功するためには一つのキーとなる資質と思います。特にまだまだ行政手続きやインフラが整備途中の「途上国」において仕事をする場合、「納期通りにいかない」「考えられないミスが頻発する」ことはある意味“当たり前”の状態だと思います。

 私がそのような“当たり前”に遭遇したのは、シンガポールからベトナム(ハノイ)へ異動した際に、私の子供のVISAを取得する時でした。予定していた期日にVISAが取得出来なかっただけでなく、出来上がったVISAの子供の名前が間違っており再取得という、我々日本人の感覚ではあり得ない事態に直面したのです。

 ベトナムでは会社設立や工場立上げを行っていたため、行政手続きが非常に多く、仕事の面で何度もこの“当たり前”と遭遇する事態になりました。最初はこの事態にイライラしてしまい、「この不備のせいで、仕事が遅れてしまう!」と怒りをあらわにした事もありましたが、半年過ぎた頃に、ある人から「コントローラブルとアンコントローラブルに仕事を分けよう」とアドバイスを受けました。

 つまり行政手続きの場合、必要な届出を提出するところまでが自分達のコントローラブルエリアであり、その後、行政側が原因でミスや期日遅れが発生しても、そこは完全に自分達のアンコントローラブルエリアのため、そこに「感情」を込めても仕方がないという事です。「情」ではなく「理」に頭を切り替えて、自分達のコントローラブルなリカバリープランを検討するほうが合理的という事です。

 このような状況は「東南アジアの居酒屋」でも良く見る光景です。日本食料理店であっても、従業員はローカルメンバーで構成されており、「オーダーミス」「料理が遅く出て来る」ことも日常茶飯事です。加えて日本の居酒屋のように完璧に「トレーニング」を受けているわけでもないため、“日本と比べると”おもてなしレベルはどうしても低くなってしまいます。そしてそんな状況に遭遇し、ローカルの店員に激高している日本人を見ると凄く残念になると共に、「この人は、この人自身が変わらなければ、この国で成功できないだろうな」と思ってしまいます。
 
 「おもてなし」が売りの日本ですが、「おもてなしに慣れきってしまった日本人」は海外では全く売りではないと思います。仕事も生活も、現地の状況を理解し、そこに適合しながら、どんな状況にも動じない「忍耐力」が過酷な海外業務で成功する上では必要と思うのです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。