FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

写真を趣味にしてわかった事~その2~

Posted by yoshi on   0  0

 先日「写真を趣味にしてわかった事」という題目で投稿をさせて頂きましたが、本日はその続編です。イギリスのロンドンとドイツのハノーファーへ出張機会があり、隙間時間を利用してカメラ片手に街を散策して来ました。その散策を通じわかった事が少し増えたのと、それを抽象化するとビジネスにも繋がる事が多かったので言語化してみます。

1. 敢えて遠回りをしてみる
 前回も書きましたが、カメラを趣味にすると、まずやることは「何を撮影するか?」を考えるようになります。観光名所がある場合、タクシーや他の交通機関を使ってその場所にピンポンとで向かう事もありますが、カメラを持つと敢えて交通機関を使わず歩いてみたり、少し遠回りして目的地に行くことがあります。理由は、自分が想定していなかった風景に遭遇する事を期待してです。今回私も遠回りして、ロンドンのWaterloo駅の高架下を通ってみると、驚くようなストリートアート(グラフィティー)に遭遇しました。ロンドンと言えば歴史的建造物や赤いバス(通称:ルートマスター)をイメージしがちですが、遠回りしなければこのようなストリートアートとの遭遇は間違いなくなかったです。

ストリートアート@Waterloo Station

2. 構図・アングル・光と影
 私もまだまだ勉強中ですが、カメラで大事なのは「構図・アングル・光と影」と言われています。例えばお城に行った情景をイメージして下さい。何も考えずに撮影するとお城の正面から写真を撮ったり、ちょっと斜めから撮ってみたりする程度だと思います。ところが、構図・アングル・光と影を少し意識してみると、お城へ近づいたり、あるいは離れてみたり、それからアングルもあらゆる角度から見て、その時の光と影の違い確認すると、同じ城でも全く違った城に見えたりするものです。

3. 動いてやってみる
 上記のように敢えて遠回りするのも「自分で動いてみる」というのが根底にあると思います。タクシーに乗れば楽に目的地に着きますが、目的地に到着するという事以外に何も得られません。効率化という意味ではベストな選択ですが、目的地に到着するまでの風景は全く楽しむ事が出来ません。構図・アングル・光と影も論理的に学ぶべき事(例:三分割構図、対角線構図など)がありますが、机上で学ぶよりもまずは写真を数多く撮る事で体得していく事が重要だと思います。論理は後から自分の体験と結びつける事が出来ると思うのです。

 さて、どれも抽象化するとビジネスに繋がる事が多いと思います。昨今効率化ばかりを考えているビジネスパーソンはちょっとした遠回りも「ムダ」と捉えがちですが、遠回りしなければ見えないことも多々あると思います。それをムダと思うかどうかは意識の持ち方次第だと思うのです。働き方改革で、効率化が追求され過ぎのような気がしますが、時として意識的に遠回りしてみることも、想定しない結果を得る為には必要だと思うのです。

 構図・アングル・光と影もビジネスに直結すると思います。あるビジネスの事象を真正面からしか見れない人には、単一的な解しか導き出せないと思うのです。どれだけその事象を違った構図・アングルで見れるかが重要だと思いますし、見方によってはそのビジネスの光と影の側面も見えてくると思います。そしてそれが正しい意思決定が出来るかどうかに大きく作用すると思うのです。

 最後に、自分で動いてやってみない人はやはりビジネスパーソンとしての信頼が低いと思いますし、魅力もあまりないと思います。三分割構図を正しく語れる人よりも、理屈は分からなくても何千、何万枚もの写真を撮り、人が感動するような写真を撮っているほうが圧倒的に魅力的です。ビジネスにおいてもいつも動いている人、何かを実際に体験し、理論よりも体験を語れる人がやはり魅力的だと思います。少なくとも自分はそうなりたいと思っています。写真からの学びでした。

関連記事

yoshi

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yoshi530202.jp/tb.php/29-79abb069
該当の記事は見つかりませんでした。