FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

Too niceな日本人

Posted by yoshi on   0 

 「日本人はいつも1列に並んで順番を待つ」「日本人は災害時も協力し合い、盗みや物の取り合いも発生しない」「日本人はゴミを捨てないし、ゴミが発生しても自らゴミを捨てる」などなど、このような日本人の行動が海外目線で賞賛される事は度々あります。日本人として誇るべき行動だと思います。

 一方、海外経験が長くなって来た場合、自分の価値観もそうですが、このような日本人として当たり前のように持っておくべき価値観を、自分の子供にどのように教育するかは重要になります。そして更に重要なのは、それを理解した上で「どのように行動するか」だと思います。

 先日“ゴミ拾いは「正」か?”という記事をBlogに投稿させて頂きました。これと似たような事が海外で発生するケースがあり、日本人としての価値観を海外で徹底してしまうと、時として“Too nice”になってしまうケースがあるのです。2つ程例を挙げたいと思います。

 まずは上述の「日本人は1列に並んで順番を待つ」ですが、礼儀正しく、万人にフェアな行動です。この価値観が基本的に「正しい」という事に疑いの余地はないと思います。しかし、皆さんも昨今海外からの旅行者が増えた日本で経験があると思いますが、特に中国人の方が1列に並ばず、平気で横入りして来たケースに遭遇した事はないでしょうか?中国人の方が特徴的ですが、海外ではこういうケースに遭遇する事が多々あります。その際に「1列に並んで順番を待つ」という価値観に縛られていると“Too nice”でいつまでも自分に順番が回って来ないのです。

 2つ目の例として、「信号機の指示に基づいて、横断歩道を渡る」を取りあげたいと思います。これも日本人の行動に染み付いており、疑いの余地なく「正しい」です。しかしながら、特に私が過去に駐在経験したベトナムでは、モーターバイクが洪水のように走行し、時には信号機を無視したり、平気で歩道の上も走っています。ここでも信号機の指示に従っていては“Too nice”となり、いつまでも横断歩道を渡れず、例え青で渡ったとしてもバイクと衝突するという危険に遭遇するのです。

 要するに、日本人としての当たり前の価値観を持ちつつも、海外で上記のような別の価値観に遭遇した場合に、「どのように行動するか」あるいは親として子供に「どのように行動させるか」が海外でサバイブする為に必要な一つの「教育」になり得るのです。

 1列に並んで順番を待つかどうかは、「1列に並んで下さい」と注意を促す事も出来るでしょうし、「自分自身が同様に横入りする」ことも可能です。勿論Too niceでも構わないので忍耐強く「1列に並び続ける」という選択もあるでしょう。

 信号機に関しては、「信号ではなく、実際の交通量に基づき、赤でも横断歩道を渡る」という選択もあるでしょうし、「そもそも安全の為、移動は全てタクシーを使う」という割り切った選択肢もあると思います。

 日本人の行動を促すベースの価値観は、世界に誇るべきものだと私も思います。しかしながら、その価値観に縛られたまま海外で過ごすと、時として“Too nice”になってしまいます。そうならない為にも、価値観を十分理解した上で、自分の行動の「軸」を持ち、対応する「柔軟性」が必要だと思うのです。

関連記事

yoshi

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。