FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

駐在員の苦悩①~完全減点方式~

Posted by yoshi on   0 

人を評価する際に、良く「加点方式」か「減点方式」かを問われる事があります。当たり前ですが、新入社員くらいの立場であれば、期待値もそれ程高くないので大抵「加点方式」が採用され、ちょっとしたアウトプットでも評価されます。

 一方、課長や部長クラスになると、周りからの期待値が既に高いため、「減点方式」が採用されるケースが多く、私も若い時には「あの課長(部長)、こんなことも出来ないのか」と良く愚痴をこぼしていたものです(笑)。今ではそう言われている側ですが。。。相撲の横綱を見れば完全に減点方式ですよね。「勝って当たり前」と思われてますし、素行が少しでも悪いものならば「横綱としての気品がない」と言われ、どんどん減点されて行きます。

 さて、海外の日本人駐在員はどうでしょうか?そうです、私の経験からこれは「完全減点方式」だと思います。この完全減点方式というのは、あくまでローカル社員から見た日本人の評価であり、日本の本社から見た日本人の評価ではありません。

 ローカル社員の目線では、日本から駐在員が来たという時点で、年齢や役職に関係なく最初から150点くらいの点数がついています。つまり最初から「期待値」が高いのです。日本人駐在員がローカル社員に比べ、良い待遇である事も余裕でバレています。ですので、ちょっと仕事が出来ないと、どんどん減点されて行きます。これがローカル社員の目線です。

 一方で、駐在員の目線で話をすると、海外駐在になった途端、日本にいた頃より役職が一つもしくは二つ程度上がり、そして仕事範囲も急激に広がるため、全部が完璧に出来るわけがないのです。逆に言葉や文化の壁もあり、出来ない事のほうが多いのです。

 そうなると150点を期待しているローカルとのギャップが生まれ、ローカルからの自分の評価がどんどん下がっていくような雰囲気に押しつぶされそうになり、そんな事もどんどんストレスになってしまうのです。私が海外駐在初期の頃そうでしたから、良く分かります。

 あくまで私が思うことなので、解決法という訳ではありませんが、ローカルからの評価は一旦脇に置いておいたほうが良いと思います。そもそも他人の評価は自分で変えられないので、それは別の課題として一旦脇に置き、その上で「自分が出来ない」という事も素直に自覚し、それを克服していく事にまずは集中します。そんな姿は、きっとローカル社員も見ています。

 ここで相撲の話に戻りますが、元横綱の千代の富士は相撲ファンでなくても愛されていた稀有な存在と思います。怪我も多かったですし、敗戦も多く経験していました。なぜあれ程ファンがいたかと言うと、相撲人生に浮き沈みが多く、怪我で苦悩している姿も多くの人が見ており、それを克服していく姿も同様に皆が見ていました。横綱だったにも関わらず、単純に「減点方式」のみで評価されていなかったと思います。

 駐在員も究極的にはこの姿を目指すべきだと思うのです。評価を気にして完璧を目指すよりも、苦悩を素直にローカルに打ち明け、出来ない事を克服しようとする姿を見せたり、更に困難をローカルと一緒になって克服し、そんな仕事の浮き沈みを一緒に共有することで「加点方式」も「減点方式」もなくなり、人として評価されると思うのです。

 人は完璧な人間よりも、浮き沈みがあって、ドラマのような人生を歩んでる人に魅力を感じ、応援したくなります。ですので、駐在員は評価に苦悩するよりも、仕事で苦悩する姿をオープンにし、ローカル社員と一緒に克服していけば良いと思うのです。そうすることで、減点方式の呪縛から解放されると思います。

関連記事

yoshi

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。