FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

恥ずかしいくらい言葉に「重さ」を乗っける

Posted by yoshi on   0 

 先日、静岡の浜松でグロービス経営大学院の在校生、卒業生そして講師の方々が一同に集まる「あすか会議」が開催されました。年に一度のビッグイベントですので、私も参加し、その中のリーダーズディスカッションというイベントで登壇をさせて頂く機会を得ました。ベトナム(ハノイ)での駐在経験を元に、「グローバルリーダーへの旅~ ベトナムハノイでの1000日奮闘記~」というテーマで登壇をさせて頂きました。

 海外で働くようになり気づいたのですが、要職についている人程MBA(Master of Business Administration)を取得している事が多く、そんな人達は数値や理論、フレームワークを活用しながら戦略を考案・実行する傾向があるように当時の私には見えました。バックグラウンドがエンジニアであった私は全く経営とは無縁だったのですが、海外で働くようになり仕事範囲も多岐に渡り、マーケティングや経営戦略、そしてファイナンスチームとも話をする機会も多くなり、「エンジニアなのでそのような分野は分かりません」とは言えない状況に陥りました。そんな状況を打破すべく、グロービス経営大学院の門を叩いたというのが経緯となり、そして海外で働きながら3年かけて無事卒業し、MBAを取得する事が出来たのです。

 大学院では理論やフレームワークをベースに、数値的根拠も用いながら戦略を考案・実行する術を、ケーススタディを用いてひたすら訓練して行きます。いわゆる「理」の部分を徹底的に学ぶのです。一方で、私がベトナム駐在時に学んだのは、「人は理だけでは動かない」という点でした。戦略もそうですが、言っている事が正しければ正しいほど、人は動かないケースも事実として存在するのです。今回登壇させて頂き、もちろん「理」の部分も多く説明する引き出しは自分の中では持っていたのですが、それらを散々授業で学んでいるグロービス生には不要だろうと思い、敢えて「情」の部分をリアルな実体験を基に話をさせて頂きました。

 その中の一つで、『恥ずかしいくらい言葉に「重さ」を乗っける』ことの重要性を訴えました。我々は正しい「理」の伝え方は知ってても、意外と「情」の伝え方を知らない人が多いと思います。抽象的ですので、もう少し分かり易い事例を挙げると、郵政民営化を訴えた小泉純一郎元総理大臣や、その息子の進次郎さんの言葉は明らかに「重さ」があり、ズシリと伝わって来るものがあります。元阪神の、星野仙一監督も言葉に「重さ」があったと思います。共通しているのは、「シンプル」「分かり易い」そして「情熱」が言葉に込められている点と思いますし、それを「繰り返し伝える」ところだと思います。星野監督はシンプルに「勝ちたいんや!」と連呼し、2003年に阪神を優勝に導きましたが、まさにあのような感じです。

 日本人は比較的恥ずかしがり屋ですので、言葉に「重さ」を乗っけるのに躊躇しがちですが、言葉に「重さ」を乗っければ、海外でもこの「情」は間違いなく伝わると思います。そして、その「情」によって、人が動く事もあり得るのです。もちろん「理」と「情」のバランスを十分に意識することがリーダーの役割だと思いますし、「理」あっての「情」であると思いますので、両方の能力を向上させて行く事はリーダーにとって永遠の課題だと思います。

 さて、私のテーマに参加して頂いた皆さんに、どこまで私が言いたかった事が伝わったか分かりませんが、当日は精一杯自分の言葉に「重さ」を乗っけて話をさせて頂きました。参加者の皆さんにとっても、有用な時間であったならば、私としても嬉しい限りです。参加して頂き、本当にありがとうございました。

「趣味は何ですか?」に即答できますか?

Posted by yoshi on   0 

突然ですが、「趣味は何ですか?」に即答できますか?私は残念ながら出来ません。そういう意味では、若干無味乾燥な人間かもしれません。もちろんランニングやジムでのトレーニング、読書、一人旅、そしてこうやって文章を残すことが好きなので、それを「趣味」と言ってしまえば良いのかもしれませんが、なかなか言い切れない部分があります。

昔は、、、と言ってももう16年も前になるのですが、趣味は小学校2年生からずっと続けていた「野球」と言い切る事が出来ました。毎週末野球に出掛け、チームメイトと勝ち負けに拘りながら野球するのがとても楽しかったです。ところが25歳の時に肩を壊してしまい、小学校の頃から10年以上もピッチャーをやり続けていた私は、ボールが投げれなくなった事によって野球がすっかり「別の球技」に思えてしまい、以来野球からはすっかり距離を置くようになりました。今やっている色々な事は、野球と同程度、もしくはそれ以上にのめりこんでおらず、あの時味わった楽しさを得られていないので、自分の中で「趣味」と言い切れていないのだと思います。楽しさの種類が異なるので、比較はし辛いですし、比較する必要もないのですが、私の中ではそんな感覚です。

さて、前置きがすっかり長くなってしまいましたが、そんな私を反面教師としながら一流のグローバル人材に共通する点として、「趣味を持っている事」が挙げられると思います。それもユニークで、時にはストイックで「本当にそれ趣味ですか?」と思ってしまう程真剣に打ち込んでいる事が、特に優秀な人程多いように思います。

例えばフルマラソンに挑戦し、完走タイムに拘っていたり、トライアスロンをしていたり、プロカメラマンのような腕前で写真を撮ったり、バンドを組んで定期的に人前で演奏したり等々。皆一様に真剣に趣味に取組んでいます。

超一流の人達は、仕事も趣味も分け隔てなく真剣に見えます。真剣になれるということは、結局シンプルですがそれをやることが「好き」なのだと思います。好きになってのめり込めば何をやるのも真剣になり、また結果が出ると楽しくなります。結局そんな人達は、結果を出すプロセスをしっかり理解しているのだと思います。つまり、「好きになる→真剣に取組める→結果が出る→楽しくなる→もっと好きになって、もっと真剣に取組む」。このような成功の循環をずっと回しているのだと思います。

そんな事を現在一人旅中の北京で考えてました。私も今やっている色々な事をのめり込む程好きになってみようと思うだけでなく、40代も超え、チョイ悪オヤジの領域に入ってきましたので、ちょっと趣のある、そして大人の新しい趣味を見つけ、もっと人生を楽しみたいと思ってます。新しく見つけた趣味はまたどこかでお知らせしたいと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。