FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

TOEIC勉強法【心構え・準備編】

Posted by yoshi on   0 

TOEIC勉強法と偉そうに題してますが、私の公式なTOEIC点数は海外に駐在する前の、今から6年前に取得した865点で、TOEIC本を出しているような方々のように満点取得などはしておりません。しかし、私が当時480点から865点まで8ヶ月で取得しましたと言えば、少しはその勉強法に興味を抱いて頂ける方や、会社からの要望で短期に点数を伸ばしたい方にとって何か気づきがあるかもしれません。そういう人達に向けて書いてみたいと思います。

私の元々のTOEIC点数は480点でした。そこからの履歴は480点⇒530点⇒645点⇒635点⇒795点⇒745点⇒795点⇒865点 となり、結果だけみると比較的順調に点数が上がったように見えると思います。本日は、高得点を取得する為のHow to を述べる前に、「心構えや準備」に着目したいと思います。

勉強期間について
TOEICを勉強している人に「目標点を取得する為の勉強期間」を尋ねてみると、「1年で100点UP」や「3年以内に800点以上」など、比較的「長期」で設定されている人が多いですが、当時の私のように500点付近で彷徨っている人達は、完全にマインドセットして、「3ヶ月で300点UP(1ヶ月100点UP)」くらいのストレッチした目標設定が良いと思います。なぜなら「TOEICの勉強はつまらない」のです。私も勉強していて、面白いと感じた事はなく、いつも心折れそうになっていたのを覚えています。特に私もそうでしたが、会社から半強制的にTOEIC高得点を求められている人達は、そのような無駄なプレッシャーから開放されるためにも、短期間で高得点を目指すのが得策と思います。長期間で目標設定している人は、その退屈さ故、途中で挫折しているケースが私の周りにも多かったですし、私自身が長期で目標設定をしていた期間は点数もずっと伸び悩み、結果勉強を途中でやめてはまたスタートさせる悪循環の繰り返しでした。

断捨離敢行
とは言え、TOEIC高得点はそれ程簡単に取得できるものでもありません。ある一定期間TOEICに集中する為にも、「断捨離敢行」が必要になります。つまり、勉強時間を確保する為に「無駄と思われる事」をどんどん減らして行くのです。例えば、「社内の飲み会」「SNSの閲覧やネットサーフィン」「お付き合いゴルフ」、数ヶ月であれば「読書」や「新聞の流し読み」も犠牲にしても良いかもしれません。他人に「付き合いが悪くなった」と言われても全く気にする必要はありません。断捨離に関しては、桜木花道ばりの「断固たる決意」が必要で、これが出来る人、出来ない人で凡そ勝負は決するように思います。但し、「家族行事」や「家庭内での役割」を断捨離する場合は、家族の絶対的理解や協力が必要になるので、ここはしっかり話合う時間を設ける事が重要です。私はここに関しては失敗した感があるので、アドバイスは出来ないのですが(笑)。

勉強仲間
上述したように「TOEICの勉強はつまらない」のです。特に会社から半強制的に高得点を要求されている場合、その「やらされ感」は半端ないと思います。少しでも勉強を楽しくする為に「勉強仲間」を作るのが良いと思います。そして、全員で「必ず短期間で高得点を取得するんだ」という決意を持って、互いに健全な進捗管理を出来る環境を構築する事がモチベーション維持にも必要だと思うのです。一人で黙々勉強している人は、勉強仲間を探す、もしくは自分自身で立ち上げてみることをオススメ致します。私も当時の勉強仲間に刺激を受けたり、助言をもらったり、この仲間の存在なしに目標は達成し得なかったと断言できます。

さて、今回は「心構え・準備編」を書いてみました。特別な事は何一つ書いていないので、拍子抜けした方も多いかもしれませんが、上記は当時の私にとっては非常に重要な点でした。どれか一つ欠けていても、短期間で点数は上がらなかったと思います。同じような境遇の人にとって、なんらかの気づきとなれば幸いです。では、次回以降は「リスニング編」「リーディング編」について書いてみたいと思います。

安心、安定、安全の日本

Posted by yoshi on   0 

日本に一時帰国しています。改めて帰国し、「日本」を観察すると、こちらの「当たり前」が 世界的には本当に驚くべき出来事であったりします。代表的な事象を「安心、安定、安全」の3つのキーワードをベースに抜粋してみたいと思います。

安心:高級ブランドバッグを放置する安心感
先日大阪のとあるベンチで休憩していたところ、比較的若い女性がヴィトンのバッグを私の横に置き、どこかに立ち去りました。意図は容易に理解出来るのですが、これは「場所取り」です。この女性は数分後、コーヒーカップを片手にベンチに戻って来て、私の隣に何食わぬ顔で座りました。考えてみると、置き引きされるリスクもある中、高級ブランドバッグを放置するなんて、あり得ないですよね。

安定:交通機関の安定感
国内線飛行機、新幹線、在来線、地下鉄、高速バス、ホテルの送迎バス等など、一時帰国中様々な交通機関を利用しました。遅れは「全くなし」でした。そして、全て計画通り旅程が完了しました。遅れがないだけでなく、「ジャスト・イン・タイム」で到着するこの交通機関の安定感はやはり凄いと思います。

安全:女性の一人歩きを可能にする安全性
今回夜遅くまで飲む機会もありましたが、遅い時間帯まで女性が一人歩きをしているのを目にしました。中学2年生の娘を持つ私としては、老婆心ながら心配になってしまいますが、それでも、女性の一人歩きが可能な日本は、改めてその安全性を感じさせてくれます。

さて、上記は勿論世界に誇れる日本の良さだと思う一方、これが「当たり前」に体に染み付いている日本人は、海外では要注意だと思うのです。海外での置き引きのリスクは相当高くなるだけでなく、放置していなくても警戒心の薄い日本人を標的に、戦略的に盗難を試みるグループも存在します。私もタイでリュックを背負い、普通に人通りの多い駅周辺を歩いていたところ、3人のグループに囲まれ、一人は後ろからリュックのジッパーをあけようとしており、残り二人は私の両脇を固め、周囲から見えなくしていただけでなく、私が走り去らないようにしていました。途中で違和感に気づき、事なきを得ましたが、海外での盗難リスクは圧倒的に日本よりも高くなります。

交通機関に関しても、遅れを前提に旅程を練る必要があります。日本人は交通機関同様、仕事も遅れがない事が「当たり前」と思っているので、計画立案は遅れがある事を前提に、比較的余裕あるプランニング、もしくはバックアッププランを事前に用意するのが得策と思います。遅れる事のほうが世界の「当たり前」かもしれません。

そして、安全性。私の家族も海外生活が6年目を迎え、妻も子供も、そして私自身も油断している兆候が見えますが、いくら治安の良い国と言われていても、「日本人」を標的にしている人達は存在するのです。海外で生活している事を忘れずに、常に警戒心を持って生活するべきだと思います。

そう言った意味では、グローバル人材の一つの資質と言って良いのかどうかわかりませんが、海外で長く働き生活する為には、良い意味で臆病であり、警戒心を常に持っておく事も重要な要素だと思うのです。

日本を離れ、日本の良さを知る

Posted by yoshi on   0 

「海外旅行に行きたい」という声を良く聞きます。確かに、世界には本当に素晴らしい場所が沢山ありますし、時には日本で味わう事の出来ない素敵な料理も堪能する事が出来ます。そして、その海外旅行は自分の価値観、人生観を変えるような旅になるかもしれません。かく言う私も、初めての海外旅行が「タイ」で大きく人生観が変わりましたし、今その「タイ」に住んでいるというのは不思議な縁を感じます。ですので、「海外を知る事」は本当に良い経験になると思いますし、その点に関しては疑いの余地はないと思います。一方でこんな質問を投げかけられた時、どのように答えるでしょうか?

「あなたはどれだけ日本の事を知っていますか?」

海外で生活するようになると、逆に海外の人達が日本に非常に興味を持っている事に気づきます。私が一緒に仕事をして来た多くの外国人は本当に日本が好きですし、今一緒に働いているタイ人の中には「日本に旅行する事が夢」と語る人達もいます。そして驚く事に、時として私よりも、もっと言えば一般的な日本人よりも「日本の名所、料理そして文化」を知っています。昨今のSNS、特にInstagramなどの影響が大きいかも知れませんが、容易に情報を取得し、それが瞬く間に広がっているのです。

このような状況下で、私も日本に関しての多くの質問を受けます。一番多いのが、日本の名所に関して、「○○に行った事はあるか?」という質問ですが、恥ずかしながら「行った事がない」と答える確率が高過ぎて愕然とします。日本にいた時には名所であればあるほど、「いつでも行ける」という感覚が強過ぎて、結局訪問できていない場所が余りに多い事に気づきます。そうです、我々日本人は、日本の事を意外と知らないのです。

私のこれまでに会った「一流」と思うグローバル人材の方々は、皆一様に自国の事を良く理解しています。ただ名所に行った事があるというだけでなく、その名所の歴史的背景含め、そこから話が大きく広がります。自国を良く理解しているからこそ、他国の違いにも敏感であり興味を持っているので、結果的に他国への理解も深まります。

日本を離れ、「日本の事を知らなさ過ぎる」と気づきを得たと共に、改めて「日本の良さ」にも気づく事が出来ました。海外に目を向ける前に、日本にも世界に誇るべき沢山の名所や料理、文化が存在します。「他国を知る前に自国を知る事」も一つのグローバル人材の要件だと思います。

東南アジアの居酒屋でわかる、グローバル人材としての「資質」

Posted by yoshi on   0 

 「忍耐力」は海外で働き、成功するためには一つのキーとなる資質と思います。特にまだまだ行政手続きやインフラが整備途中の「途上国」において仕事をする場合、「納期通りにいかない」「考えられないミスが頻発する」ことはある意味“当たり前”の状態だと思います。

 私がそのような“当たり前”に遭遇したのは、シンガポールからベトナム(ハノイ)へ異動した際に、私の子供のVISAを取得する時でした。予定していた期日にVISAが取得出来なかっただけでなく、出来上がったVISAの子供の名前が間違っており再取得という、我々日本人の感覚ではあり得ない事態に直面したのです。

 ベトナムでは会社設立や工場立上げを行っていたため、行政手続きが非常に多く、仕事の面で何度もこの“当たり前”と遭遇する事態になりました。最初はこの事態にイライラしてしまい、「この不備のせいで、仕事が遅れてしまう!」と怒りをあらわにした事もありましたが、半年過ぎた頃に、ある人から「コントローラブルとアンコントローラブルに仕事を分けよう」とアドバイスを受けました。

 つまり行政手続きの場合、必要な届出を提出するところまでが自分達のコントローラブルエリアであり、その後、行政側が原因でミスや期日遅れが発生しても、そこは完全に自分達のアンコントローラブルエリアのため、そこに「感情」を込めても仕方がないという事です。「情」ではなく「理」に頭を切り替えて、自分達のコントローラブルなリカバリープランを検討するほうが合理的という事です。

 このような状況は「東南アジアの居酒屋」でも良く見る光景です。日本食料理店であっても、従業員はローカルメンバーで構成されており、「オーダーミス」「料理が遅く出て来る」ことも日常茶飯事です。加えて日本の居酒屋のように完璧に「トレーニング」を受けているわけでもないため、“日本と比べると”おもてなしレベルはどうしても低くなってしまいます。そしてそんな状況に遭遇し、ローカルの店員に激高している日本人を見ると凄く残念になると共に、「この人は、この人自身が変わらなければ、この国で成功できないだろうな」と思ってしまいます。
 
 「おもてなし」が売りの日本ですが、「おもてなしに慣れきってしまった日本人」は海外では全く売りではないと思います。仕事も生活も、現地の状況を理解し、そこに適合しながら、どんな状況にも動じない「忍耐力」が過酷な海外業務で成功する上では必要と思うのです。

該当の記事は見つかりませんでした。