FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

英語学習のモチベーション

Posted by yoshi on   0 

 現在多くの企業で、「英語を勉強せよ」「TOEIC750点が管理職昇格の条件」と、従業員に対し半強制的に英語学習が課せられていると思います。「日本の市場は飽和しており、これからは海外に攻めていかねばならない」「テクノロジーの発展でビジネスがボーダーレスになった」などなど理由は様々ですが、総じてこれらを「グローバル化」と一言でまとめられる傾向にあります。そんな背景もあり、現在必死になって英語を勉強している人も多いのではないかと思います。

 私も海外駐在をする6年前は、英語学習にもがいていた従業員の一人でした。英語の教材をどれ程購入し、それがどれ程無駄になったか金額に換算すると相当な無駄金を投じたと思います。TOEICの点数を上げるなどの英語学習法に関してはまた別途の機会に紹介するとして、ここでは私がやっていた英語学習のモチベーションの保ち方について述べてみたいと思います。

 「今後は海外市場がビジネスの中心になるぞ!」や「英語スキルがあれば、自分の可能性も拡がるぞ!」という良くありがちな激励は、私にとってモチベーションを保つ何の役にも立たなかったです。特に会社では、海外で揉まれた経験がない人や、英語を話せない人が、時として立場上そのような話をしていたので余計に説得力がないと感じました。そういう人の話は一切無視して良いと思います。

 ではどうしたら良いか?それは実際に海外で揉まれた経験のある人の生の英語を聞き、素直に「この人のようになりたい」と思うことです。6年前の私にとって、それは元サッカー選手の中田英寿さんでした。皆さんご存知のように、中田英寿さんはイタリア語も堪能な上、英語も話す事ができ、サッカーへの向き合い方もストイックで本当に格好良く見えました。同じ苗字の「中田」でどうしてこうも違うのだろうと嘆き、この人のように話し、海外で活躍したいと思えたのです。英語学習のモチベーションが下がって来た時には、何度も中田英寿さんの動画を見て、モチベーションを保つ事が出来ました。当時良く見ていた動画は以下です。
中田英寿

 それからフィギュアスケートで頑張っていた、安藤美姫さんのインタビューも良く見ていましたね。彼女は英語をほとんど話せなかった時代の動画も見ていたので、努力して身につけたのだろうなと感心し、そして刺激を受けていました。
安藤美姫

 ビジネスで言えば、GPIFの水野弘道さんの英語は凄くロジカルで、わかり易く、ビジネスではこのような英語を話せるようになりたいなと常に思っています。今でも良く見ます。
水野弘道

 それぞれネイティブのような発音でもないですし、勿論良く聴くと文法も間違っていたりしますが、全く関係ありません。海外で揉まれながら得た英語である事も良く伝わりますし、何より全員シンプルに「格好良い」と思えます。

 素直に「この人のようになりたい!」と思える人を見つけ、その人を追いかけ続け、いわゆる「完コピ」を目指す事が何よりのモチベーション維持になると私は思います。これは英語だけでなく、仕事でも同じ事が言えるかもしれません。

 TOEIC本ばかりひろげて英語学習に飽き飽きしている人には、是非動画で自分が「格好いい」と思える人を探す事をオススメしたいですね。

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Posted by yoshi on   0 

 2019年2月10日現在、私の海外生活も早6年目を迎えます。日本にいた時に思い描いていた華やかな海外生活とはほぼ異なり、東南アジアでタフな任務が与えられ、それらの任務を成し遂げようと、余り海外生活を楽しむ余裕もなく働いて来たと思います。

 私自身はもともと一流大学も卒業していなければ、会社でトップオブトップの人材でもなかったと思っています。今でこそ海外で働いていますが、帰国子女でもなければ、日本にいた時のTOEIC点数も480点というなかなか悲惨な状況でした。そんな私がタイトルにある「グローバル化に備え、今何をすべきか?」に対するアンサーを偉そうに述べようとも思わないのですが、これまでのタフな海外業務の「体験から得た学び」は言語化する事ができると思っています。

 3年程前からその「体験から得た学び」を少しづつ言語化し始め、グロービス経営大学院の開催する「あすか会議」の「パワーモーニング」というセッションの中でも、「グローバル化に備え、今何をすべきか?」というテーマで2年連続リーダーの役目を果たし、こんな体験が少しでも参加者に役に立つ事に気づきました。そして、昨年は日本からのトレーニーを指導する立場となり、彼が私が苦労した事と同じ事で悩み、苦しんで、なんとかそれを打破しようと頑張っている姿を目の当たりにしました。

 巷に溢れる、いわゆる「グローバル人材」に関しての本などは私も多く読みましたが、学ぶべき点もある一方で、非常に綺麗にまとまり過ぎており、若干リアリティーに欠ける上、著者の方は大抵若くして経営に携わっているようなトップオブトップの人達、もしくはアカデミックにグローバル人材のフレームワークや異文化の特徴を国ごとに整理するような学者の人達が多く、私のような一般人が、リアルな体験を言語化している書物は本当に少ないと感じていました。そして、最近上述のトレーニーの件を含め、多くの人達と話すうちに、自分がこれまで得たリアルな体験が、特に「今後海外で働きたい」と思っている人や、「今海外の仕事で悪戦苦闘している」という人達にとって、少しでも役立つと感じるようになったのです。

 「体験に勝るものなし」というのは私の座右の銘のひとつですが、そんな「体験から得た学び」を一人でも多くの人に伝えて行けたらという思いでこのブログをスタートさせました。3年程前から書き留めていた文章を、今の立場で加筆・修正しながら、ひとつひとつ紹介して行けたらと思っています。そして、その文章が結果として誰かの役に立つような事があれば、嬉しい限りです。

該当の記事は見つかりませんでした。