FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

本当に英語が原因か?

Posted by yoshi on   0 

 先日『本当に異文化が原因か?』についてこちらのBlogでも書きました。端的に言うと、海外で物事がうまくいかなかった際に、「異文化」という言葉は、言い訳として使い易く、何事もこのビッグワードで原因を収めてしまうような傾向があるという話でした。
 
 一方でもう一つ言い訳として良く使われるのが「英語」です。特に英語にまだ余り自信のない方は、自分がうまく説明できない理由は英語能力に原因があるとし、それ故に物事がうまくいかないと結論づけ、また英語の勉強にひた走る傾向があります。本当にそれが真因でしょうか?

 私の英語レベルもまだまだ発展途上ですが、英語を話しているとある事実に気づきます。それは「自分の日本語能力以上に英語能力は向上しない」という事実です(注:あくまで私のように日本で育ち、英語を第2外国語としているケースを指し、帰国子女などには当てはまりません)。もう少し具体的に言いますと、英語能力以前に、物事を完全に理解しておらず、自分自身でも腹落ちしていないケースが多いのです。そのようなケースでは、例え日本語であってもうまく説明出来ない事がほとんどです。

 例えば数年前、私にも次のような経験がありました。外国人との会食の際、「赤ワインと白ワインのどちらが好きですか?」と英語で質問され、ステーキを嗜んでいた私は「赤ワイン」と答えました。良くある「赤ワインとステーキは合う」という非常に短絡的なイメージから来る回答です。当然ですが、「Why?」となる訳です。Because……となり英語でうまく説明できない結果となりました。これは少し極端な例ではありますが、つまりワインへの造詣が深く、それらを日本語でうまく表現できなければ、それ以上に英語でうまく説明することは決してできないのです。

 これが仕事となると、表面的な知識を持っている程、この事に気づかないケースが出てきます。「知識がある(と思っている)」と「言葉にできる」は別の能力で、「言葉にできない」のは「考えていない」「本当に理解していない」のと同じなのです(一部「言葉にできるは武器になる」より引用)。ですので、「英語」を原因にしている人に対して、「では私にそれを日本語で説明して下さい」と質問すると、やはり日本語でもうまく説明できないケースが多いのです。つまり何語であっても、「言語化」できるレベルまで、物事を深く考え、理解出来ていないのです。

 これは私も今でも自分の指標にしているところでもあって、「アレ、英語で全然うまく説明できないぞ」と感じた際には、そもそも論「俺って、この件に関してどこまで深く理解できているか?」というところに立ち返って、日本語で良いので深く再考し、言語化できるレベルまで落とし込むような形をとっています。それが出来て、初めて英語でも説明ができると思うのです。勿論、英単語、特に形容詞などを磨いて、微妙なニュアンスまでも伝え切りたいと思う気持ちもあるでしょうが、それはもっと、もっと先のステップだと思うのです。

 最近私自身が英語でうまく物事を伝えられないケースがあり、もう一度この基本に立ち返ろうという思いで今回のテーマについて書いてみました。同じような境遇に直面している人の、何か気づきになれば幸いです。

TOEIC勉強法【心構え・準備編】

Posted by yoshi on   0 

TOEIC勉強法と偉そうに題してますが、私の公式なTOEIC点数は海外に駐在する前の、今から6年前に取得した865点で、TOEIC本を出しているような方々のように満点取得などはしておりません。しかし、私が当時480点から865点まで8ヶ月で取得しましたと言えば、少しはその勉強法に興味を抱いて頂ける方や、会社からの要望で短期に点数を伸ばしたい方にとって何か気づきがあるかもしれません。そういう人達に向けて書いてみたいと思います。

私の元々のTOEIC点数は480点でした。そこからの履歴は480点⇒530点⇒645点⇒635点⇒795点⇒745点⇒795点⇒865点 となり、結果だけみると比較的順調に点数が上がったように見えると思います。本日は、高得点を取得する為のHow to を述べる前に、「心構えや準備」に着目したいと思います。

勉強期間について
TOEICを勉強している人に「目標点を取得する為の勉強期間」を尋ねてみると、「1年で100点UP」や「3年以内に800点以上」など、比較的「長期」で設定されている人が多いですが、当時の私のように500点付近で彷徨っている人達は、完全にマインドセットして、「3ヶ月で300点UP(1ヶ月100点UP)」くらいのストレッチした目標設定が良いと思います。なぜなら「TOEICの勉強はつまらない」のです。私も勉強していて、面白いと感じた事はなく、いつも心折れそうになっていたのを覚えています。特に私もそうでしたが、会社から半強制的にTOEIC高得点を求められている人達は、そのような無駄なプレッシャーから開放されるためにも、短期間で高得点を目指すのが得策と思います。長期間で目標設定している人は、その退屈さ故、途中で挫折しているケースが私の周りにも多かったですし、私自身が長期で目標設定をしていた期間は点数もずっと伸び悩み、結果勉強を途中でやめてはまたスタートさせる悪循環の繰り返しでした。

断捨離敢行
とは言え、TOEIC高得点はそれ程簡単に取得できるものでもありません。ある一定期間TOEICに集中する為にも、「断捨離敢行」が必要になります。つまり、勉強時間を確保する為に「無駄と思われる事」をどんどん減らして行くのです。例えば、「社内の飲み会」「SNSの閲覧やネットサーフィン」「お付き合いゴルフ」、数ヶ月であれば「読書」や「新聞の流し読み」も犠牲にしても良いかもしれません。他人に「付き合いが悪くなった」と言われても全く気にする必要はありません。断捨離に関しては、桜木花道ばりの「断固たる決意」が必要で、これが出来る人、出来ない人で凡そ勝負は決するように思います。但し、「家族行事」や「家庭内での役割」を断捨離する場合は、家族の絶対的理解や協力が必要になるので、ここはしっかり話合う時間を設ける事が重要です。私はここに関しては失敗した感があるので、アドバイスは出来ないのですが(笑)。

勉強仲間
上述したように「TOEICの勉強はつまらない」のです。特に会社から半強制的に高得点を要求されている場合、その「やらされ感」は半端ないと思います。少しでも勉強を楽しくする為に「勉強仲間」を作るのが良いと思います。そして、全員で「必ず短期間で高得点を取得するんだ」という決意を持って、互いに健全な進捗管理を出来る環境を構築する事がモチベーション維持にも必要だと思うのです。一人で黙々勉強している人は、勉強仲間を探す、もしくは自分自身で立ち上げてみることをオススメ致します。私も当時の勉強仲間に刺激を受けたり、助言をもらったり、この仲間の存在なしに目標は達成し得なかったと断言できます。

さて、今回は「心構え・準備編」を書いてみました。特別な事は何一つ書いていないので、拍子抜けした方も多いかもしれませんが、上記は当時の私にとっては非常に重要な点でした。どれか一つ欠けていても、短期間で点数は上がらなかったと思います。同じような境遇の人にとって、なんらかの気づきとなれば幸いです。では、次回以降は「リスニング編」「リーディング編」について書いてみたいと思います。

英語学習のモチベーション

Posted by yoshi on   0 

 現在多くの企業で、「英語を勉強せよ」「TOEIC750点が管理職昇格の条件」と、従業員に対し半強制的に英語学習が課せられていると思います。「日本の市場は飽和しており、これからは海外に攻めていかねばならない」「テクノロジーの発展でビジネスがボーダーレスになった」などなど理由は様々ですが、総じてこれらを「グローバル化」と一言でまとめられる傾向にあります。そんな背景もあり、現在必死になって英語を勉強している人も多いのではないかと思います。

 私も海外駐在をする6年前は、英語学習にもがいていた従業員の一人でした。英語の教材をどれ程購入し、それがどれ程無駄になったか金額に換算すると相当な無駄金を投じたと思います。TOEICの点数を上げるなどの英語学習法に関してはまた別途の機会に紹介するとして、ここでは私がやっていた英語学習のモチベーションの保ち方について述べてみたいと思います。

 「今後は海外市場がビジネスの中心になるぞ!」や「英語スキルがあれば、自分の可能性も拡がるぞ!」という良くありがちな激励は、私にとってモチベーションを保つ何の役にも立たなかったです。特に会社では、海外で揉まれた経験がない人や、英語を話せない人が、時として立場上そのような話をしていたので余計に説得力がないと感じました。そういう人の話は一切無視して良いと思います。

 ではどうしたら良いか?それは実際に海外で揉まれた経験のある人の生の英語を聞き、素直に「この人のようになりたい」と思うことです。6年前の私にとって、それは元サッカー選手の中田英寿さんでした。皆さんご存知のように、中田英寿さんはイタリア語も堪能な上、英語も話す事ができ、サッカーへの向き合い方もストイックで本当に格好良く見えました。同じ苗字の「中田」でどうしてこうも違うのだろうと嘆き、この人のように話し、海外で活躍したいと思えたのです。英語学習のモチベーションが下がって来た時には、何度も中田英寿さんの動画を見て、モチベーションを保つ事が出来ました。当時良く見ていた動画は以下です。
中田英寿

 それからフィギュアスケートで頑張っていた、安藤美姫さんのインタビューも良く見ていましたね。彼女は英語をほとんど話せなかった時代の動画も見ていたので、努力して身につけたのだろうなと感心し、そして刺激を受けていました。
安藤美姫

 ビジネスで言えば、GPIFの水野弘道さんの英語は凄くロジカルで、わかり易く、ビジネスではこのような英語を話せるようになりたいなと常に思っています。今でも良く見ます。
水野弘道

 それぞれネイティブのような発音でもないですし、勿論良く聴くと文法も間違っていたりしますが、全く関係ありません。海外で揉まれながら得た英語である事も良く伝わりますし、何より全員シンプルに「格好良い」と思えます。

 素直に「この人のようになりたい!」と思える人を見つけ、その人を追いかけ続け、いわゆる「完コピ」を目指す事が何よりのモチベーション維持になると私は思います。これは英語だけでなく、仕事でも同じ事が言えるかもしれません。

 TOEIC本ばかりひろげて英語学習に飽き飽きしている人には、是非動画で自分が「格好いい」と思える人を探す事をオススメしたいですね。

このカテゴリーに該当する記事はありません。