FC2ブログ

グローバル化に備え、今何をすべきか?

Yoshinori Nakata -Official Site-海外生活で得た学びを、ブログを通じ発信して行きたいと思います

駐在員の苦悩②~出張者にどう対応するか?~

Posted by yoshi on   0  0

 駐在員は日本からの出張者対応も仕事の一つだと思います。出張者だけではなく、時として重要なお客さんを迎え入れるケースもあると思います。よって、「ホスピタリティー」を持つことは、駐在員にとって一つの要件になり得ると思います。
 
 基本的に出張者は明確な目的を持ち、我々のような駐在員と現地を視察したり、直接話さなければならないような重要案件を抱えている事が多いですが、残念ながら大した目的も持たず、若干旅行気分で出張に来られるケースも少なからず存在します。私の場合、生産担当という立場上、工場見学を依頼される事が多いですが、「○月○日に工場行けますか?」というだけの依頼もあり、目的、人数、希望時間、工場の何を見て何を議論したいか、最終のアウトプットは何なのか等々、時には基本情報を伝えられず、訪問依頼を受けるケースもありました。

 さて、ケースの違いはあれど、忙しい最中、このような出張者もしくはお客さんに直面した時にはどう対応するべきでしょうか?正直うんざりしますし、来て欲しくないですよね。分かります、私もそう思っていました。ただ、それではこちらにとっても嫌々対応するだけで、全くメリットがないので、私の場合、今はこういう出張者が来た時にこそ、全力で対応しています。そして私のチームにも全力で対応するように伝えています。

 仮に上記のような不足情報があった時にも、丁寧に確認するようにし、目的に応じてしかるべき当日の対応者も準備するようにしています。なぜこんな事をしたほうが良いのでしょうか?理由は大きく3つあります。

1. いかなる場合もイニシアチブを取る
 上述のように目的やその他の情報が不明なままでは、勿論こちらの準備が不足してしまいます。準備不足で当日を迎えると、得てして当日「あーしてくれ、こーしてくれ」と思いつきの依頼が殺到し、現地は混乱します。準備不足を招いた依頼側の出張者自身が、なぜか当日イニシアチブを持つ事になり、現地があたふたする結果となります。それよりも目的やその他の情報が不明な場合は、こちらから逆提案を行い、準備段階からイニシアチブを取り、当日の予定も全部こちらが決めてしまうぐらいの勢いでリードしたほうが結果的に断然楽になります。

2. 関係性の強化
 上記のような対応をすると、支援者が増えます。「すごく良い対応だった」「勉強になった」「来た甲斐があった」などなど、旅行気分を一掃して、アウトプットを持ち帰って頂けます。結果良好な関係性が築ける上、それは会社にとっても無駄な出張にならずに凄く良い事なのです。出張者は大抵の場合、帰国後出張報告があるので、こちらの対応が良かった場合、その話は出張者の部署及びその関連部署まで拡がる事もあり、後々思ってもみないサポートを日本から頂戴するケースもあるのです。一種の返報性の原理が働くのです。

3. 自分も楽しむ
 仮に出張者が旅行気分で来ていた場合、駐在員としてのモヤモヤを振り払い、思い切って自分も楽しみましょう。上記のようにこちらがしっかりイニシアチブを取って、やるべき事をやれば、アウトプットはそれなりに出て、かつ関係性も強化されます。仕事後の食事も、普段一人では行かないようなところに誘ってみて、新しいレストランや雰囲気を楽しんでみましょう。ハズレても大抵食事代は出張者の出張経費で落ちるはずです(笑)。

 さて、忙しい最中の出張者対応に対する気持ちは私も本当に理解出来ますが、上述のような感じで対応してしまえばポジティブに、そして結果も出るはずですし、逆に結果を出させるのも駐在員の仕事と捉えて良いと思います。ちょっとした気持ちの持ちようだと思うのですが、駐在員にとっては重要な事だと思います。但し、休日までアテンドを要求したり、ゴルフに誘って来る場合ははっきり断りましょう。それはもはや仕事ではありません。

写真を趣味にしてわかった事~その2~

Posted by yoshi on   0  0

 先日「写真を趣味にしてわかった事」という題目で投稿をさせて頂きましたが、本日はその続編です。イギリスのロンドンとドイツのハノーファーへ出張機会があり、隙間時間を利用してカメラ片手に街を散策して来ました。その散策を通じわかった事が少し増えたのと、それを抽象化するとビジネスにも繋がる事が多かったので言語化してみます。

1. 敢えて遠回りをしてみる
 前回も書きましたが、カメラを趣味にすると、まずやることは「何を撮影するか?」を考えるようになります。観光名所がある場合、タクシーや他の交通機関を使ってその場所にピンポンとで向かう事もありますが、カメラを持つと敢えて交通機関を使わず歩いてみたり、少し遠回りして目的地に行くことがあります。理由は、自分が想定していなかった風景に遭遇する事を期待してです。今回私も遠回りして、ロンドンのWaterloo駅の高架下を通ってみると、驚くようなストリートアート(グラフィティー)に遭遇しました。ロンドンと言えば歴史的建造物や赤いバス(通称:ルートマスター)をイメージしがちですが、遠回りしなければこのようなストリートアートとの遭遇は間違いなくなかったです。

ストリートアート@Waterloo Station

2. 構図・アングル・光と影
 私もまだまだ勉強中ですが、カメラで大事なのは「構図・アングル・光と影」と言われています。例えばお城に行った情景をイメージして下さい。何も考えずに撮影するとお城の正面から写真を撮ったり、ちょっと斜めから撮ってみたりする程度だと思います。ところが、構図・アングル・光と影を少し意識してみると、お城へ近づいたり、あるいは離れてみたり、それからアングルもあらゆる角度から見て、その時の光と影の違い確認すると、同じ城でも全く違った城に見えたりするものです。

3. 動いてやってみる
 上記のように敢えて遠回りするのも「自分で動いてみる」というのが根底にあると思います。タクシーに乗れば楽に目的地に着きますが、目的地に到着するという事以外に何も得られません。効率化という意味ではベストな選択ですが、目的地に到着するまでの風景は全く楽しむ事が出来ません。構図・アングル・光と影も論理的に学ぶべき事(例:三分割構図、対角線構図など)がありますが、机上で学ぶよりもまずは写真を数多く撮る事で体得していく事が重要だと思います。論理は後から自分の体験と結びつける事が出来ると思うのです。

 さて、どれも抽象化するとビジネスに繋がる事が多いと思います。昨今効率化ばかりを考えているビジネスパーソンはちょっとした遠回りも「ムダ」と捉えがちですが、遠回りしなければ見えないことも多々あると思います。それをムダと思うかどうかは意識の持ち方次第だと思うのです。働き方改革で、効率化が追求され過ぎのような気がしますが、時として意識的に遠回りしてみることも、想定しない結果を得る為には必要だと思うのです。

 構図・アングル・光と影もビジネスに直結すると思います。あるビジネスの事象を真正面からしか見れない人には、単一的な解しか導き出せないと思うのです。どれだけその事象を違った構図・アングルで見れるかが重要だと思いますし、見方によってはそのビジネスの光と影の側面も見えてくると思います。そしてそれが正しい意思決定が出来るかどうかに大きく作用すると思うのです。

 最後に、自分で動いてやってみない人はやはりビジネスパーソンとしての信頼が低いと思いますし、魅力もあまりないと思います。三分割構図を正しく語れる人よりも、理屈は分からなくても何千、何万枚もの写真を撮り、人が感動するような写真を撮っているほうが圧倒的に魅力的です。ビジネスにおいてもいつも動いている人、何かを実際に体験し、理論よりも体験を語れる人がやはり魅力的だと思います。少なくとも自分はそうなりたいと思っています。写真からの学びでした。

【グローバル人材インタビュー vol.3】常に異なる分野や新しい事にアンテナを張る

Posted by yoshi on   0  0

 グローバル人材インタビュー第3弾。シンガポール駐在時代に知り合い、今でも公私ともにお世話になっている日系大手航空A社勤務のHさんにインタビューさせて頂きました。Hさんは何でも良く知っているなと思っていましたが、やはり背景には小さな工夫がありました。

A社は人材育成に力を入れているように見えますが、グローバル人材育成の為に、具体的にどのような事を実施していますか?
 日本のメンバーに対してはグローバル化の第一歩として英語力を強化する為に、語学関連オープンセミナーやオンラインカリキュラム、選抜英語研修(English Bootcamp等)の費用を一部負担しています。現在では新入社員は入社時にTOEIC600点、管理職昇格時にTOEIC700点を取得するよう従業員に呼びかけています。また海外実務研修の拡充や、国内及び海外のMBA留学も人材育成の一環として行っています。7年ほど前から「従業員は入社10年以内に海外」という社内の目標を立てたものの、達成率は未だ数%で課題は残っています。

 海外ローカルスタッフに対しても、ローカル化の方針を掲げフェアな人事制度を構築すべく、人事制度を2014年にグローバル基準に移行いたしました。日本に行って仕事をする機会も与え、これまで日本人駐在員がしていた仕事のスコープをローカルに移管し、ローカルスタッフの戦力強化に繋げるようにしています。

異文化コミュニケーションとは一体なんだと思いますか?そしてその能力がなぜ必要だと思いますか?
 言葉以上に大切な「モノ」を一般的に異文化コミュニケーションと総称される事が多いと思います。例えばその国の文化、しきたりなどがそれにあたると思いますが、それらが理解できなければ、言語が出来ても日本と同じやり方は通用しないと思っています。日本のような以心伝心は海外では難しく、相手を理解するには親身になって聞くという傾聴の姿勢が大事だと思います。最初の駐在地であったバンコクでは、タイ従業員は自分の指示に対して頷きますが、それが本当に理解しているとは限らず、行動に反映しない事もしばしばありました。日本のように、メールを送るだけで理解し、動いてくれることも極めて少なく、だからこそ日本にいた時以上に数多く、そしてFace to Faceのコミュニケーションが必要だと思います。

グローバル人材になる為に具体的に取組んでいることを教えて下さい
 グローバル人材の方々は仕事だけではなく、様々な事に対し造詣深く、新しい事に興味を持つ人がとても多いと思います。ですので、私も食文化、歴史、世代ごとの流行などのいわゆるリベラルアーツを学んだり、常に異なる分野や新しい事にアンテナを張るようにしています。日々の日常の中で心がけているのは、どんな些細な事でも良いので「1日1つは新しい事をする」ことです。例えば職場から自宅への帰り道をいつもと変更したり、食事もいつもと違ったものをオーダーしてみるなど、小さな事でも良いので自分自身で変化を与え続け、そこから新しい何かを学びとるようにしています。

Hさんにとって「グローバル人材」とはなんですか?
 端的に言うと、A社の WAYを自らが体現できることが「グローバル人材」であると言えるかもしれません。そして、その術を外国人に対しても的確に伝え、違いがあっても臆せず、その違いを理解し、適切に接することが出来る人だと思います。

Hさん経歴
1992年日系大手航空A社入社後、国内業務に従事。2012年4月、42歳でバンコク支店に異動となり3年間勤務。その後2015年4月よりシンガポールに異動となり、アジア・オセアニア地域の総務・人事統括となり、2018年8月に日本へ帰任。現在に至る。

【グローバル人材インタビュー vol.2】力の倍数を高める

Posted by yoshi on   0 

 2018年に海外で活躍している方々にインタビューをさせて頂く機会を得ました。先日のGoogle Asia Pacificの山田理禾(あやか)さんに引き続き、今回は日系消費財メーカーで数々の海外経験のある住野温さんのインタビューを抜粋し、特に「異文化コミュニケーション」と「グローバル人材」について、住野さんの個人的見解を文章にまとめてみました。

海外展開状況について教えて下さい
 1960年代から海外事業展開はスタートしているので、会社として海外展開は比較的早くスタートしています。海外ビジネスは好調に成長しており、特にここ数年は海外売上が毎年大きく伸びています。現在、東アジア、東南アジア、欧州、中東、南アフリカを中心にビジネスを展開しています。

海外勤務経験を通じ、異文化コミュニケーションとは一体なんだと思いますか?そしてその能力がなぜ必要だと思いますか?
 海外勤務経験を通じ、その国それぞれの国民性があるのは確かだと思います。背景としては、生まれも育ちも環境も、そして宗教も異なるというのが勿論あると思います。その中でまずは、「日本のような暗黙知や、察する文化は通じない」という事を前提として理解しておく必要があると思います。
 海外でビジネスする上で重要なのは、全く異なる文化の中であっても、物事を正しく伝え、自分の思う方向(会社のゴール)へしっかり動いてもらうことです。その為にはやはりコミュニケーションが最も重要で、それが上手くいかないと、1+1=2にならず、極論ゼロになる可能性もあります。但し、コミュニケーション次第では、1+1が3にも4にもなり得るのも事実であり、その「力の倍数」をどれだけ高められるかが、異文化コミュニケーション能力だと考えます。

異文化コミュニケーション能力向上の為に、具体的に取組んでいることを教えて下さい
 異文化コミュニケーションの能力とは、つまりは異文化環境下で「相手を納得させ、共感させる力」だと思っています。その上で重要なのは、コミュニケーションの手段を選ばず、「絵に描き、表にして、理解させる」など、目に見える形で伝え、確実な相互理解に努める事だと思います。
 もう一つ重要視しているのが、竹中平蔵氏の言葉でもありますが、「戦略は細部に宿る」を実践することだと思います。異なる価値観を持つメンバーであっても、具体的に戦略がイメージ出来るレベルまでディテールを描ききる事が重要で、そのイメージが共有できてはじめて人が動き、結果が出て、信頼されるのだと思います。

住野さんにとって「グローバル人材」とはなんですか?
 語学が重要だと言われますが、語学はあくまでツールの一つです。英語が流暢だから仕事が出来るというわけでは必ずしもありません。
 簡潔に言うと、「色々な考えを持つ人たちの中で、自分の考えを正しく伝え、共感してもらい、同じ方向に向かって物事を進めることが出来る人」だと思います。そして「自分の軸を持ち、目の前の小さな成功を積み重ね、現地からの信頼を勝ち得る事の出来る人」がグローバル人材と呼ばれるのだと思います。

住野温
99年に国際部に異動し海外業務をスタート。海外マーケティングで欧州担当の販促を実施後、アジア事業部として2005年からタイビジネスに従事。2006年タイ事業の再生計画を立案しそのままタイに駐在、自身の策定したビジネスの再生計画を作成・実行。2011年に日本に帰任し韓国子会社立上プロジェクトリーダーとして韓国立上げを企画実行。立上げ後、現地責任者に指名され、2012年より韓国で韓国社社長として駐在を開始し、実質ゼロからビジネスを立ち上げる。2017年からCEOとしてマレーシアに異動、駐在した3社にてすべて赤字会社から黒字化を実現。2019年2月に日本へ帰任。現在に至る。

Too niceな日本人

Posted by yoshi on   0 

 「日本人はいつも1列に並んで順番を待つ」「日本人は災害時も協力し合い、盗みや物の取り合いも発生しない」「日本人はゴミを捨てないし、ゴミが発生しても自らゴミを捨てる」などなど、このような日本人の行動が海外目線で賞賛される事は度々あります。日本人として誇るべき行動だと思います。

 一方、海外経験が長くなって来た場合、自分の価値観もそうですが、このような日本人として当たり前のように持っておくべき価値観を、自分の子供にどのように教育するかは重要になります。そして更に重要なのは、それを理解した上で「どのように行動するか」だと思います。

 先日“ゴミ拾いは「正」か?”という記事をBlogに投稿させて頂きました。これと似たような事が海外で発生するケースがあり、日本人としての価値観を海外で徹底してしまうと、時として“Too nice”になってしまうケースがあるのです。2つ程例を挙げたいと思います。

 まずは上述の「日本人は1列に並んで順番を待つ」ですが、礼儀正しく、万人にフェアな行動です。この価値観が基本的に「正しい」という事に疑いの余地はないと思います。しかし、皆さんも昨今海外からの旅行者が増えた日本で経験があると思いますが、特に中国人の方が1列に並ばず、平気で横入りして来たケースに遭遇した事はないでしょうか?中国人の方が特徴的ですが、海外ではこういうケースに遭遇する事が多々あります。その際に「1列に並んで順番を待つ」という価値観に縛られていると“Too nice”でいつまでも自分に順番が回って来ないのです。

 2つ目の例として、「信号機の指示に基づいて、横断歩道を渡る」を取りあげたいと思います。これも日本人の行動に染み付いており、疑いの余地なく「正しい」です。しかしながら、特に私が過去に駐在経験したベトナムでは、モーターバイクが洪水のように走行し、時には信号機を無視したり、平気で歩道の上も走っています。ここでも信号機の指示に従っていては“Too nice”となり、いつまでも横断歩道を渡れず、例え青で渡ったとしてもバイクと衝突するという危険に遭遇するのです。

 要するに、日本人としての当たり前の価値観を持ちつつも、海外で上記のような別の価値観に遭遇した場合に、「どのように行動するか」あるいは親として子供に「どのように行動させるか」が海外でサバイブする為に必要な一つの「教育」になり得るのです。

 1列に並んで順番を待つかどうかは、「1列に並んで下さい」と注意を促す事も出来るでしょうし、「自分自身が同様に横入りする」ことも可能です。勿論Too niceでも構わないので忍耐強く「1列に並び続ける」という選択もあるでしょう。

 信号機に関しては、「信号ではなく、実際の交通量に基づき、赤でも横断歩道を渡る」という選択もあるでしょうし、「そもそも安全の為、移動は全てタクシーを使う」という割り切った選択肢もあると思います。

 日本人の行動を促すベースの価値観は、世界に誇るべきものだと私も思います。しかしながら、その価値観に縛られたまま海外で過ごすと、時として“Too nice”になってしまいます。そうならない為にも、価値観を十分理解した上で、自分の行動の「軸」を持ち、対応する「柔軟性」が必要だと思うのです。